スタッフブログ

ひとりごと 記事一覧

地域コミュニティづくりに関わる中小企業のメリット
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は ビジネスの舞台が 市場(マーケット)から 社会(ソーシャル)へと 変わっていく時代に 地域コミュニティを担うのは 地元の中小企業や小規模事業者 なのでは、 という話の中で ソレ(↑)は 地域にも 中小企業にも小規模事業者にも それぞれにとってメリットがある というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― 地域にとってのメリット ――――――――――――――― また、 その中でも地域にとっては 担い手不足の解消 という一番大きな課題の解決と 事務局機能の入手 が大きなメリットであり ソレは…

>>続きを読む

中小企業の強みが光る地域コミュニティ運営
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は ビジネスの舞台が 市場(マーケ ット)から 社会(ソーシャル)へと 変わっていく時代に 地域コミュニティを担うのは 地元の中小企 業や小規模事業者 なのでは、 という話の中で ナカナカ拭えない誤認と 今こそ変えるべき視点(?) みたいなコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― まだまだ根強い誤認 ――――――――――――――― つまり、 地域コミュニティというと どうしても ヒト・モノ・ カネなどなどに 余裕がある企業が イメージアップのためにやるモノ という印象が根強いのですが、 一方…

>>続きを読む

地域コミュニティについて中小企業のありがちな誤認
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も ビジネスの舞台が 市場(マーケット)から 社会(ソーシャル)へと 変わっていく時代、 失われつつある良質な機能 を本当に失くさないためにも コレからの地域コミュニティを 担うのは 地元の中小企業や小規模事業者 ではないでしょうか!? というコトを 書かせていただきました! ――――――――――――――― (多分)増えつつあるような!? ――――――――――――――― ↑こんなコトを切り出すと 「そうだ!そうだ!」 という声と 「なんでだよ!」 という声が 2つに分かれるかと思いますが。 ただ、 肌感覚だけで言え…

>>続きを読む

良質な地域コミュニティの新たな担い手
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も以前から引き続き ビジネスの舞台が 市場(マーケット)から 社会(ソーシャル)へと 変わっていく時代の 地域コミュニティの在り方 について 書かせていただいています。 ――――――――――――――― 今、失われつつある良質なモノ ――――――――――――――― その中で、 僕の両親が営んでいた クリーニング屋や その隣の中華屋さんを はじめ、 多くの商店街が (かつて)持っていて 今、失われつつある 良質なコミュニティ機能 について 書かせていただきました。 で、 その失われつつある コミュニティ機能を 今後、誰…

>>続きを読む

失われつつある良質な地域コミュニティ機能
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は ビジネスの対象が 市場(マーケット)から 社会(ソーシャル)へと 変わっていく時代の 地域コミュニティの在り方 について 書かせていただきました。 ――――――――――――――― 機能不全の地域コミュニティ ――――――――――――――― 消費スタイルの変化によって 従来の地域コミュニティの 中核(の1つ)であった商店街が ごく一部の 時代に求められている商いを 行っている店舗を除き 買い物機能を失ってしまった今、 商店主たちが従来のまま コミュニティ機能を担うコトに 無理・矛盾が生じている というコトを 書か…

>>続きを読む

コレからの理想的な地域コミュニティについて
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 ビジネスの対象が 市場(マーケット)から 社会(ソーシャル)へと 変わっていく時代に 従(旧)来の常識や価値観で 考えると まーったく意味不明 でありつつも (僕個人の感覚では) コレからの 理想的な地域コミュニティ にケッコー近い商店街について 書かせていただきました。 ――――――――――――――― 前置き ――――――――――――――― どういうコトなのか と言いますと 以下はナカナカ、 誤解を恐れずに 勇気を振り絞って 書かなければいけないコト 盛りだくさんで (汗) 気分を害する方も 少なからず な…

>>続きを読む

常識を破壊する理想的な地域コミュニティ
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 ビジネスの対象が 市場(マーケット)から 社会(ソーシャル)へと 変わっていく時代に 価値観や常識が変わっていく理由 として 人口減少以外にも 地球環境の悪化 AI 過疎化 少子高齢化 アジアの成長 生活スタイルの変化 などなどがある というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― 決して悪いコトばかりではない ――――――――――――――― ただし、 ソレらによって起きる 価値観や常識の変化は 決して悪いコトばかりではなく、 むしろ ソレらを早く予測して 早めにより良い対応を 検討す…

>>続きを読む

常識や価値観が変わりつつあるその他の理由
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 ビジネスの対象が 市場(マーケット)から 社会(ソーシャル)へと 変わっていく時代に 従(旧)来の価値観(だけ)では 現実と矛盾が生じつつある という話の中で、 その理由の1つとして 未だに僕たちが ごく普通に常識だと思っている ソレらは 日本が人口も生産力も増え続け 経済も成長し続けていた時代に 培われたモノである というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― 他にも変わりつつある常識が ――――――――――――――― なので、 その前提が崩れた今、 常識や価値観が変わってくるのは…

>>続きを読む

常識や価値観が変わりつつあるそもそもの理由
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 ビジネスの対象が 市場(マーケット)から 社会(ソーシャル)へと 変わっていく時代に 従(旧)来の価値観(だけ)では 現実と矛盾が生じつつある というコトを 書かせていただきました。 今回は ソレってどういうコト? について書かせていただきます。 ――――――――――――――― その価値観や常識の根底 ――――――――――――――― 前回、 従来のビジネスの在り方 として書かせていただいた 無駄を省け! より効率的に! より大きな売り上げを 生み出すコトが正義! 会社を大きくするコトが成長! より多くの正社員…

>>続きを読む

<< 過去の記事へ