スタッフブログ

ひとりごと 記事一覧

価値やコダワリをキチンと伝えない理由
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 お客様を夢中にさせるための 1つの方法として キチンと 価値やコダワリを伝える というコトが欠かせません ・・・が。 ↑コレ、 気が付けば僕自身が できていないところも ありました。 (汗) というコトで、 今回は、 僕自身の行動を振り返りつつ ソレをしない理由 を探ってみます。 ( ̄▽ ̄;) ――――――――――――――― ソレを伝える場面はどこ!? ――――――――――――――― と、いうコトで 前回に続き、 チラシのデザインを例にすると、 仕事の流れは ザックリ、↓こんな感じです。 初回、打ち合わせ  …

>>続きを読む

価値やコダワリを、もっとキチンと伝えるべき
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 お客様に ファンになっていただくためには お客様を夢中にさせるストーリー が大切であり、 例えば、 そのためのリピート対策で スタンプカードを使う場合、 特典として用意するのは クーポンなどのお得感 ではなく、 あなたの 好きなコト・大切なコトを 軸にした世界観に 共感・賛同・応援 してくださる人たちが 価値を感じる何か が良い というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― で、今回は ――――――――――――――― 今回は、 お客様を夢中にさせるストーリー を創る上で やるべきこと…

>>続きを読む

お得感よりもお客様を夢中にさせる特典アイデア
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 飲食店を例に スタンプカードを使って リピートを創り出す方法を 書かせていただきました。 そして、 ソレはあくまでも お客様にファンになっていただく というコトが目的であり、 そのために お客様が 夢中になっていくストーリーが 大切 というコトも 書かせていただきました。 ――――――――――――――― ○○○さえあれば、の法則!? ――――――――――――――― というコトで、 お客様を夢中にさせる方法を 考えていくワケなのですが。 もちろん、 ○○○さえすれば どんなお客様でも夢中になる みたいな法則は …

>>続きを読む

リピーター創りのためのシンプルな販促
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 お客様に「また来たい」と 思っていただくためには お得感 が大切だけど、 ソレ以上に大切なのは 例えば コレクションや 冒険の物語・RPGのような 何かしらの課題をクリアしつつ、 設定されたゴールに向かう チャレンジなど 達成感を求めてもらうコト というコトを 書かせていただきました。 では、 ソレって具体的にどういうコト なのかと言うと・・・。 ――――――――――――――― 例えば、こんなコトで良いンです ――――――――――――――― 例えば、 飲食店で、 日本酒やワインなど、 それぞれの銘柄の種類の豊…

>>続きを読む

顧客満足度アップは、お得感より達成感!
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 例えば リピート対策にクーポン券を 使う場合、 いつもいつも来店の際に クーポン券を提供すると お客様としては もらえるのが当たり前 もらえないと損 という認識になってしまう。 つまり 「またお越しください」 という コチラ側からのお願い ではなく お客様ご自身に 「また来たい」 と思っていただき、 次の行動をさせるコトが大切 というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― でも、ソレは避けた方が良い!? ――――――――――――――― で、 「また来たい」 と思っていただくための対策…

>>続きを読む

リピート促進!「お越しください」ではなく「来たい!」を創る
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 飲食業界で一般的に言われている リピート率・固定化率を例に ココでお客様が再来店すれば 固定化する (再来店しなければ離脱) という分岐点で ・何かしらの再来店促進を  対策する ・その時だけでなく  ソレ以前からの対策が大切 ・2回目と3回目の再来店で  同じコトをやってはダメ というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― 「いつも同じ」は見直したい ――――――――――――――― 特に注目していただきたいのは ↑の3つ目で、 2回目と3回目の再来店で 同じコトをやってはダメ とい…

>>続きを読む

ファン化と離脱の分岐点
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 そもそも、 お客様に興味を持って いただかなければいけない理由は (究極的(?)には) ビジネスを強くするため であって、 今の時代、そのためには あなたの商品・サービス もしくは あなたのビジネスそのモノを 愛して止まないファン を創り続けなければ いけないし、 そのためには お客様のライフスタイルに あなたのビジネスが 組み込まれるまで 冒険の物語やRPGのように、 お客様に 次へ次へと行動して いただかなければいけない というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― もしも、分か…

>>続きを読む

共感・共創の時代に強いビジネスを創るには
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 お客様の興味・関心を 意図的に狙って創り出す 3つのステップを もう一度、振り返りつつ、 コレをどの場面で使うかを 考えるコトが大切 というコトを 書かせていただきました。 今回から、 ソレについて 深掘りをしていきます。 ――――――――――――――― そもそもから掘り下げてみます ――――――――――――――― 唐突感があるかもしれませんが (笑) そもそも、 なぜ、 お客様に興味・関心を 持っていただかなければ いけないのか と言えば、 買ってほしいからであって、 なんで 買ってほしいのかと言えば 売り…

>>続きを読む

(もう1度)お客様の興味・関心を生み出す3つのステップ
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 オリジナルレシピにコダワッた 地域密着型・家族向けの カレー屋さんを例に、 お客様の中に 興味・関心を芽生えさせる 3つのステップについて 書かせていただきました。 この3つのステップ、 クドイようですが もう1度だけおさらいします。 ――――――――――――――― クドイようですが、もう1度 ――――――――――――――― 第1ステップは コダワリの棚卸し です。 もう少し広く言うと、 知識・技術・ノウハウ・ 経験・体験等、 無形の資産も含めた 自己資源・自己資産の棚卸し ですね。 ・自分が知っているコト …

>>続きを読む

<< 過去の記事へ