スタッフブログ

ひとりごと 記事一覧

オリジナルの価値と現代風なアレンジと
――――――――――――――― ビデオも持ってます。(笑) ――――――――――――――― 実は・・・、 というほどのコトでも ありませんが (笑) かつて、 1992年公開のディズニー映画 『アラジン』 のファンでして、 現在、公開中の実写版も 非常に楽しみにしてた・・・、 のですが。 ( ̄▽ ̄;) ――――――――――――――― まさか、萎えるって・・・!? ――――――――――――――― 先日、予習(?)で アニメ版を 観なおしたところ・・・、 やっぱり好き。 (笑) で、 予想以上に満足してしまい 実写版を観る気が萎えてしまう という本末転倒なコトが 起きてしまいました。 ( ̄▽ ̄;)…

>>続きを読む

「共創のマーケティング」時代のネーミング企画
――――――――――――――― 2019年6月24日0時発表! ――――――――――――――― 本日午前0時、 スターウォーズ・エピソード9 THE RISE OF SKYWALKER (2019年12月20日公開) の邦題が発表されましたね! (≧▽≦) 『スカイウォーカーの夜明け』 だそうです。 嗚呼・・・。 (ー_ー;) ※個人の感想です。 ――――――――――――――― チョット、話は逸れますが ――――――――――――――― 話は飛躍しますが、  共 創 なんて言葉が コレからのビジネスのキーワード なんて言われています。 従来のように 事業者が商品・サービスを 消費者に提供する と…

>>続きを読む

理念・世界観 × サブスクリプション・モデル
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 今、広がりつつあり、 今後、益々、業界を越えて 浸透していくであろう サブスクリプション・モデル について 人口減少、少子高齢化、 市場縮小、供給過多、 大手チェーン店の増殖 などなど、 課題が多く悩みが尽きない 中小企業や小規模事業者こそ 率先して導入していくべき というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― このモデルの大きな魅力の1つ ――――――――――――――― そして、 中小企業や小規模事業者が サブスクリプション・モデルを 導入すべきメリットの1つが 会費による定期的な…

>>続きを読む

中小企業・小規模事業者にとってのサブスクリプション・モデルのメリットとは?
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も、 今、広がりつつあり、 今後、益々、業界を越えて 浸透していくであろう サブスクリプション・モデル について このモデルの 大きな魅力の1つである  放 題 を採り入れるのが 難しそうな飲食業界でも 既に導入事例が チラチラと生まれている、 というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― 中小企業・小規模事業者こそ! ――――――――――――――― というワケで、 この サブスクリプション・モデル、 前述の通り、 今後、様々な業界で 導入されていくでしょうし むしろ、 ビジネスの常識・・…

>>続きを読む

店舗型ビジネスのサブスクリプション・モデル
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 今、かなり広がりつつあり 今後、益々、業界を越えて 浸透していくであろう サブスクリプション・モデル の概要と ソレが広がっている背景に ●消費者心理の変化 ●テクノロジーの進化 ●それに伴う企業の戦略 が絡み合っている というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― ナンと言ってもコレが魅力! ――――――――――――――― で、 サブスクリプション・モデル の魅力と言えば、 何と言っても  放 題 なワケで、 例えば スマホやwifiの通信量 使い放題だとか 音楽・映像配信サービス…

>>続きを読む

時代の必然!サブスクリプション・モデル
――――――――――――――― 今後、注目のビジネス・モデル ――――――――――――――― まぁー、 とにもかくにも 人口減少やらAIやら 気候変動やらアジアの成長やら、 そして(さらなる) 消費行動の変化などなど により、 コレからも、モノ凄いスピードで 僕らの常識が覆されていくコトが 予想される・・・、 というか、 確定している と言えると思いますが そんな中、 僕個人も注目しているのが いわゆる サブスクリプション・モデル です。 ――――――――――――――― 既に様々な業界が導入開始! ――――――――――――――― サブスクリプション・モデル とは 定額制サービスのコトで 音楽や…

>>続きを読む

江戸版!マーケティングの変遷・文化文政の消費活動
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 日本にかつて3回あったという 人口減少時代のウチ、 直近の江戸時代後期について 連続で書かせいただいていますが 前回も、 その時期に大活躍した 振売(ふりうり) というビジネスが 物販・サービス・廃品回収など 非常に幅広く行われていたコトに 加え 幕府が高齢者や若年者に 開業許可を出すなど ダイバーシティな発想まであった というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― ホントはまだまだあるんです! ――――――――――――――― というコトで、 江戸後期に人口増加が止まった 以降の時代には 今、…

>>続きを読む

江戸版!循環型環境ビジネスとダイバーシティ発想
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 連続で、 日本にかつて3度訪れた 人口減少時代のウチ、 直近である江戸時代後期について 書いております。 前回は、 人口増加が横ばいになる中、 世界最大級の人口密度と なっていった江戸で、 (食料等の) 新たな供給システムが 求められるようになった中、 その役割を担って、 というべきか 時代の流れに乗って、 というべきか 当時、大活躍をした 振売(ふりうり) というビジネスについて 書かせていただきました。 ――――――――――――――― サービス分野にも進出! ――――――――――――――― そんなワケで、 留まるコ…

>>続きを読む

江戸版通販モデル!自宅でナンでも揃った時代(笑)
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も、 かつて日本に起きた 3度の人口減少時代について 書かせていただきました。 今でも各地の名産とされている モノの多くが 3度の人口減少時代のウチの 直近である江戸時代後期に 生まれ、 ソレは言うなれば そういう時代だからこそ生まれた 人々の知恵の結晶 なのだ というコトを 書かせていただきました! そして、そういう時代は ソレらの名産品ばかりではなく ビジネスモデルにも様々な変化を もたらせたそうです! (≧▽≦) ――――――――――――――― 浮世絵などで、お馴染みの ――――――――――――――― 突然で…

>>続きを読む

<< 過去の記事へ