スタッフブログ

スタッフブログ 記事一覧

「どこでも買える」を「あなたから買いたい」に換える共感される世界観
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 あなたが扱っている商品・サービス 1つ1つに対して、 あなたが プロとして専門家として オススメする理由 を伝えるコトで、 あなたの世界観 が表現される。 なぜならば、 あなたが プロとして専門家として オススメする理由の中に、 あなたの価値観が 反映されるからだ、 というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― 世界観って、こういうコト!? ――――――――――――――― そもそも 世界観って何!? という話になると思いますが、 色々な人の色々な意見や考え方が あると思いますが、 ザ…

>>続きを読む

価値観を伝え続けて世界観を構築する
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 今、扱っている 商品・サービスの価値を キチンと伝えていないがために お客様(買う側)は その価値を得る機会を逃し、 事業者(売る側)は その価値を提供する機会と 本来、得られる売り上げを 逃している というコトが そこらじゅうで起こっている というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― 価値を伝える、とは!? ――――――――――――――― 商品+価格 だけで販売しているコト、 多々ありますよね。 つまり、そのコトです。 (笑) 商品の外観と価格だけ では、 買うか買わないか 判断…

>>続きを読む

伝えそびれているコトによって損なっている3つの価値
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 モノ(=物質)としての 商品以外の価値 について、 少し違う切り口からの 説明を試みました。 例えば、 スーパーで買い物をする際、 事前に 買うモノをリストアップして、 スーパーに行き、 リスト通りのモノを カゴに入れ、 レジで精算 という買い方が ごくごく普通 なのかもしれませんが、 もしかしたらソレは、 買う側・売る側、 双方にとっての不利益 かもしれない、 というコトを書かせて いただきました。 ――――――――――――――― どういうコトなのかと言うと ――――――――――――――― 例えば、 ↑のス…

>>続きを読む

価値の提供と売り上げの機会を喪失しかねない間違えた顧客満足
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 自社自店が 大げさではなく お客様の最優先でもなく 感じていただける 「あー、 今、オレ生きてる!!」 「細胞が喜んでる!」 の感覚として (チョット珍しい) タマゴやバナナを例に、 チョットした楽しみ であったとしても モノ(=物質)としての 商品以外の価値 を提供するコトが大切 というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― と、言われても、というコトで ――――――――――――――― と言っても、 自社自店にとっての お客様のチョットした楽しみに なるような モノ(=物質)として…

>>続きを読む

「モノとしての商品」以外の価値をお客様と共有する
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 コミュニティの「核」となる お客様と共有する価値観について 自社自店にとっての 「あー、  今、オレ生きてる!!」 「細胞が喜んでる」 を考える際、 ●大げさに考えない ●必ずしも  お客様(の人生)にとっての  「最優先」や  「上位ランキング」  になる必要はない という2つのポイントを お伝えしました。 ――――――――――――――― ある日、突然、こんな商品が ――――――――――――――― 少し補足します。 例えば、 こんな感じでしょうか? ごくごく普通にある 近所のスーパーでのお買い物。 そもそも…

>>続きを読む

お客様と共感できる自社自店の「価値観」を探る2つのポイント
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 今後、益々、 多くの人の消費活動に 影響を与えるであろう 価値観 について、 その前の回で表現した 「あー、 今、オレ生きてる!!」 の具体的な事例(!?)を挙げ そんな感じ を掴んでもらえるよう 試みました。 で、今回から 「自社自店にとってのソレは?」 を考えていきたいと思う・・・、 のですが。 ――――――――――――――― まずは体に馴染ませるコトから! ――――――――――――――― まずは、 ココはジックリと 考え方を体に馴染ませる というコトを 優先していきましょう。 というのも、 今、このタイ…

>>続きを読む

今、消費者が時間やお金を注ぎ込みたくなる価値観とは
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 今後、益々、 強くなっていくであろう 価値観の合う人としか 付き合わない という消費者のマインドを 考えるべく 価値観について 書かせていただきました。 価値観とは即ち その空間にいる時、 あるいは ソレに携わっている時 「あー、  今、オレ生きてる!!」 と感じさせるモノ・コト・場所の ことなのだ、 という(やや粗めの・笑) 説明をさせていただきました。 今回は、「その感じ」について もう少し詳しく。 ――――――――――――――― その前に1つだけ ――――――――――――――― こういう話をする際、 良…

>>続きを読む

小規模事業者がフォーカスすべき「価値観」の実態とは?
――――――――――――――― そもそも、コミュニティって!? ――――――――――――――― コレからの時代、 というか、 「今以上に」というのが 正確なところなのでしょうけど、 小規模事業者であっても コミュニティが大切に なっていくコトは 間違いないでしょう。 とは言うモノの、 特に 長くビジネスをされている 人たちにとっては なぜ、そんなモノが必要なのか ピンと来にくいかも しれませんし、 そもそも、 コミュニティって何!? と感じてらっしゃる かもしれません。 というコトで、 今一度、改めて そういうモノが求められている 背景的なお話などを。 ――――――――――――――― 「価値観…

>>続きを読む

小規模事業者の売り方
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 例えば、 チラシをポスティングしたにも 関わらず 売り上げUPには 繋がらなかった場合、 チラシは効果ない と極論に走るのではなく、 アイドマの法則の5段階と 照らし合わせるなどして お客様がどこで 止まってしまったのか を模索するコトが大切 というコトを書きました。 ――――――――――――――― ○○に近づくほど止まりやすい ――――――――――――――― また、 お客様の行動は 「買う」に近づくほど 止まりやすくなるけれど、 だからこそ、 止まりにくくする何か が必要で、それこそが コミュニティが大切 …

>>続きを読む

<< 過去の記事へ