スタッフブログ

スタッフブログ 記事一覧

AIに支配される(笑)未来に向けて
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 2045年(が有力)に 人工知能が人類の能力を上回る と言われているコトから コレからの四半世紀を 考える材料として コレまでの30年を 少しだけ振り返りました。 30年前に無くて今あるモノの 代表格がITで、 既に今、 パソコンやスマホを 使う・使わないを問わず 多くの人の生活や仕事に 多大なる影響を与えている 現実がある というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― どうなる?コレからの四半世紀 ――――――――――――――― 25~30年という時間が そのくらい 社会を一変させ…

>>続きを読む

より激しく変化する時代に備える
――――――――――――――― その時は2045年 ――――――――――――――― シンギュラリティ という言葉、ご存知ですか? 僕は先日 はじめて聴きました。 人工知能が人類の能力を越える みたいな意味らしく、 その時は2045年 という説が有力だそうです。 ――――――――――――――― 人工知能に支配される世界? ――――――――――――――― 僕たちの世代ならば ターミネーター を思い浮かべるのでは!? (笑) でも、 実際はそうではなく とても便利な世の中になっている ・・・はず!? もちろん、 ソレは今から26年後のある時に 突然ババーンと訪れるのではなく 今から 四半世紀くらいの…

>>続きを読む

価値あるモノでも、伝えないと伝わらない
――――――――――――――― ナニさと納税だ、って話 ――――――――――――――― 泉佐野市がついに(?) ふるさと納税の寄付額に応じて Amazonギフト券を 総額100億円プレゼント という取り組みを始めました そうですね。 財政的な課題など、 やむを得ない事情がある のでしょうけど、 苦笑い(?)な総務省への 言い訳は 苦し過ぎ な印象が・・・。 ( ̄▽ ̄;) ――――――――――――――― ババーン!ドドーン!な横浜で? ――――――――――――――― 一方で、 我らが横浜市と言えば ふるさと納税の影響と思われる 減収がハンパないッス。 ( ̄▽ ̄;) 僕個人の意見としては、 ココは…

>>続きを読む

今時の(?)また買いたくなる理由
――――――――――――――― 評価がビミョー(?)な新商品 ――――――――――――――― 禁断のアップルパイの中身だけ という商品が新発売になった とのことで。 商品そのものに対して というよりは この切り口に興味を持ち サクッと調べたところ 賛否両論。 (笑) いや。 賛もソレほど強い賛は 見当たらなかったような・・・。 ――――――――――――――― ほとんど「否」だった第1弾 ――――――――――――――― 知りませんでしたが、 この商品、 禁断の食べるはちみつ に続く第2弾だそうで、 ソチラの評価はというと、 賛否というか ほとんど「否」のような。 ( ̄▽ ̄;) ―――――――――…

>>続きを読む

ソーシャルなビジネスが求められているコトを示す3つの視点
――――――――――――――― 今、注目の番組 ――――――――――――――― 決して 毎回、観ているワケでもなく むしろ、 あんまり観たコトがない と言った方が 的確かもしれませんが (苦) チョット気になっている TV番組があります。 1つは 『ザ!鉄腕!DASH!!』の グリル厄介 という 外来種を捕まえて プロがキチンと調理する、 というモノと もう1つは 『緊急SOS! 池の水ぜんぶ抜く大作戦』 という 全国各地(?)の池の水を抜き 外来種の駆除や池の清掃 などを行う という2つです。 ――――――――――――――― 僕だけではありません ――――――――――――――― くれぐれも、…

>>続きを読む

恐怖を煽る販促の持続力
――――――――――――――― 本日、立春です! ――――――――――――――― というワケで、 本日が立春。 その前日の昨日は節分です。 根拠は まーったくありませんが 僕自身に聴こえてきた 僕自身の視野に入ってきた範囲 だけの肌感覚でいうと 今年って 恵方巻きの話よりも 豆まきの話題の方が 多かったような気が・・・!? 気のせい、でしょうか?? ( ̄▽ ̄;) ――――――――――――――― 6万人が訪れるイベント ――――――――――――――― もちろん、 どっちが多かったとかは どうでも良いのですが、 改めて驚きました。 豆まきと言えば くらいの代名詞ともなっている 成田山新勝寺恒例の節…

>>続きを読む

ステークホルダーの満足度が高まるソーシャル活動
――――――――――――――― 前回までのお話 ――――――――――――――― 前回まで、6回に亘って 現在の 良く言えば 社会が成熟した時代 悪く言えば 過去の副産物を背負う時代 の モテて強い企業づくり (=モテツヨ企業づくり) と銘打ち、 いわゆるCSR いわゆる ソーシャルマーケティング のようなコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― ザックリまとめます ――――――――――――――― まだまだ 書き切れないコトだらけ なのですが ・時代の変遷 ・社会の変化 ・ライフスタイルや価値観の変化 ・経営環境の変化 などなどの影響により、 大手企業ばかりでは無く とい…

>>続きを読む

人材不足解消にもなり得るソーシャルマーケティング
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 モテツヨ企業 になる機会を逃す理由として、 まずは 時代の変遷を取り上げました。 戦後の復興期からの 成長・拡大 の時代を経て、 人口減少・労働力不足 の時代となった今、 より効率的に高い生産性を求める という かつての事業者の常識から 抜け出さないといけない というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― チョット堅い話をします ――――――――――――――― つまり、 ↑の時代を経て、 良く言えば社会の成熟 悪く言えば時代の副産物 の時代で、 環境問題をはじめ、 経営者のモラル、働…

>>続きを読む

社会志向のマーケティング時代だからこそ
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は、 従来、 地域コミュニティの 「核」としての役割を担ってきた 商店街や町内会・自治会は今、 システム疲労を起こし 機能低下が否めない状況だし、 NPOや市民活動団体は 熱心な活動が多数ある一方、 資金・マンパワー・情報発信力 などなどの不足が 課題となっているのも現実。 そんな中、 中小企業や小規模事業者は と言えば 社会貢献・地域貢献について □ 予算が無い、人手が無い、 □ メリットが分からない □ 余裕が出来たら、その内やる という認識が まだまだまだまだ根強い。 けど、 その視点こそが モテツヨ企業 に…

>>続きを読む

<< 過去の記事へ 新しい記事へ >>