スタッフブログ

スタッフブログ 記事一覧

モッタイナイを防ぎましょう!
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も AIDMAの法則 について 書かせていただきました。 お客様が一度は 「買う」 という 意思決定をしたにも関わらず そこから実際に 現実的な「買う」という行動 (精算・決済・捺印など) に至るまでには 実は様々な障壁(?)があり、 それらの何かが原因になり お客様の行動が止まってしまい 購買に至らず 売り上げが発生しなくなる というコトは意外に多い というコトを 書かせていただきました。 というコトで、 今回は 非常にモッタイナイ ↑ソレらの現象を防ぐ対策を 2つほど考えたいと思います。 ―――――――――――…

>>続きを読む

「買うの止めた」あるある事例
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も引き続き AIDMAの法則 について 書かせていただきました。 A(Action=購買する)は 「購買」という「行動」をする という意味で 消費者の心理プロセスを描く AIDMAの法則の中で 「行動」を描いている という特徴を 挙げさせていただきました。 ――――――――――――――― コレがあって初めて成立 ――――――――――――――― コレも前回までの振り返りに なりますが 「購買」とは 「買うという行動」があって 初めて成立するコトで スーパーであればレジで精算する ネット通販であれば 「確定」ボタンをポ…

>>続きを読む

「買う」と「買った」の境界線
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も引き続き AIDMAの法則 について 書かせていただきました。 というコトで、 ココまで結構な回数を 重ねてきていますが いよいよ最後、 A(Action=購買) です! ――――――――――――――― 「購買」って何? ――――――――――――――― AIDMAの法則 では、↑の通り この「A(Action)」を 「購買」としています。 改めてナンですが 「購買」とは 何を指しているのか を確認しましょう。 ・・・という 半ば禅問答みたいなフリに なっていますが。 ――――――――――――――― 買う=まだ買っ…

>>続きを読む

お客様が喜ぶ情報発信・オススメとご法度(?)
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も引き続き AIDMAの法則 に関連した記事を 書かせていただきました。 「A・I・D・M・A」の M(Memory=記憶に焼き付く) に至るためには 地味で手間が掛かっても コツコツと ●接触頻度を増やす ●お客様をワクワクさせ続ける というコトが大切で そのためにも あなたと あなたの商品・サービス、 あるいは ご商売やビジネスを お客様が一層楽しめる方法や あなたやスタッフさんたちの プライベート情報 ※趣味や家族構成・出身地など 差し支えない範囲で あるいは 最近あった面白いニュース など、 「人となり」が…

>>続きを読む

お客様をワクワクさせ続けるために
――――――――――――――― 前回のお話 ―――――――――――――――前回も引き続き AIDMAの法則 について 書かせていただきました。 AIDMAの法則の M(Memory=記憶に焼き付く) に辿り着くのは容易ではなく そのためには 一撃必殺で インパクトの大きな何か をするのではなく・笑 地味で手間が掛かっても コツコツと ●接触頻度を増やす ●お客様をワクワクさせ続ける というコトが大切 というコトを 書かせていただきました。 とは言え、 ソレってどうすれば? というお話なのですが。 ――――――――――――――― 目的と手段の話 ――――――――――――――― ココで大切なのは …

>>続きを読む

新規客には「ハデに」「ドカンと」インパクトを与える!?
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も引き続き AIDMAの法則 について 書かせていただきました。 自分自身が 「お客様」(=消費者・利用者) として 何かしらの商品・サービスを 購入・利用した時のコトを 思い出せば分かる通り 満足したからと言って 必ずリピートするワケではないし そもそも そのお店のコトを 思い出すコトだって 日常生活の中では稀 というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― コレは簡単ではありませんね ――――――――――――――― そのくらい AIDMAの法則 でいうところの M(Memory=記憶に焼…

>>続きを読む

満足したってリピートしない!?
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も引き続き AIDMAの法則 について 書かせていただきました。 お客様が リピートしてくれない理由 の1つは 忘れられているから であって、 AIDMAの法則 に照らし合わせると 「M」(Memory=記憶する)に 至っていない というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― あなたがお客様であったとしても ――――――――――――――― あなたも ご自身がお客様の時のコトを 考えれば合点がいくと思います。 例えば お友達と飲みに行く時、ネットなどで たまたま見つけたお店に行って そのお店…

>>続きを読む

「なぜか」お客様がリピートしてくれない??
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も引き続き AIDMAの法則 について 書かせていただきました。 ある商品やサービスの 存在に気づき (Attension) 興味を持ち (Interest) (一度は) ほしい! (Desire) と思ったにも関わらず 一旦保留 になってしまい そのまま フェードアウトしてしまうコトが 多々あるワケですが。 ――――――――――――――― ソレをAIDMAに置き換えると ――――――――――――――― 大きな理由の1つは 忘れられてしまう からであって、 AIDMAの法則 に照らし合わせるのならば M(=Memo…

>>続きを読む

「一旦保留」のその後を左右する「M」の重要性
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も引き続き AIDMAの法則 について 書かせていただきました。 ある商品やサービスの 存在に気づき (Attension) 興味を持っていただいたモノの (Interest) ほしい! (Desire) までには至らない理由を いくつか 挙げさせていただきました。 ――――――――――――――― ココで「M」がキーになる ――――――――――――――― その中の1つが 一旦保留 で、 ほしい! 買いたい気持ちはある! 「だけど」、 という状態ですね。 そこで大切なのが AIDMAの法則 4つ目のプロセス M(Me…

>>続きを読む

<< 過去の記事へ 新しい記事へ >>