スタッフブログ

スタッフブログ 記事一覧

変われるヒトにはこんなにチャンスが!
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も引き続き、 今、 無印良品さんが取り組んでいる 地域の課題解決に繋がる店づくり を題材に 社会構造そのものが ひっくり返っていて 人口減少1つ取り上げても 思っている以上に影響が大きく 注意してもし過ぎるコトはない というくらい、気が付かない内に 僕たちが植え付けられている 常識が常識では無くなっている なんてコトが普通に起こる というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― 変化の大波が目白押し(汗) ――――――――――――――― 少し大げさでしょうか? 考えすぎでしょうか? 抽象的過…

>>続きを読む

植え付けられた常識が常識では無くなる!?
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も引き続き、 今、無印良品さんが 地域の課題解決に繋がる店づくり に取り組む理由を (勝手に・笑) 掘り下げさせていただきました。 様々あるであろうその理由の 大きな1つは 社会構造そのモノが ひっくり返っているから であって、 その具体的な1つは 人口減少の時代である というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― コレ1つ取っても根深いワケで ――――――――――――――― で、 人口減少の時代であることなんざ 誰もが百も承知 なのですが ソレによる影響がどこに出るのか というコトについ…

>>続きを読む

とーっても見落しがちな今こそ地域に注目するそもそもの理由
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も引き続き 8月16日(日)の日経MJの 1面に取り上げられていた 現在、 無印良品さんが取り組んでいる 地域の課題解決に繋がる店づくり を題材に 独自の観点から(チョットだけ) 深堀りさせていただきました。 ――――――――――――――― 強調したいのは「整合性」! ――――――――――――――― (勝手に・笑) 強調させていただきたい ポイントは 同プロジェクトが 「社会貢献」「地域貢献」という 枠で括られると誤解されがちな 利益度外視の奉仕活動とは異なり 「世界水準の高収益企業」を 目指しているコト、 また「…

>>続きを読む

地域には「持続可能」のヒントが山ほど!?
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回は 8月16日(日)の日経MJの 1面に取り上げられていた 無印良品が挑んでいる 地域の課題解決につながる 店づくり について 書かせていただきました。 現在、無印良品では 暮らしの近くに出店していく というコンセプトで 買い物難民化してしまった 高齢者を対象にした移動販売や 地産地消促進のため 地元の直売所と連携した販売 などに取り組んでいますが ソコに眼を着けた理由は 何なのでしょうか? ――――――――――――――― 良品計画・金井会長のコメント ――――――――――――――― (日経MJの)記事の中で 金井…

>>続きを読む

あのPBがビジネスとして地域課題の解決に挑む!
――――――――――――――― チョットだけ切り口を変えます ――――――――――――――― 前回までソコソコ長めに 商いを成立させる3つの要件 について 書かせていただきました。 いずれにせよ、その名の通り 商いの根っこにあるモノなので 今後も引き続き 関連したコトを 書かせていただきますが 今回から少しだけ切り口を 変えさせていただきます。 ――――――――――――――― 地域に生きる無印の反骨魂 ――――――――――――――― 8月16日(日)の日経MJの 1面記事、 地域に生きる 無印の反骨魂 という見出しで 無印商品の取り組みが 紹介されていました。 記事によると 無印良品が 地域の…

>>続きを読む

変わらなければいけない理由はコロナだけじゃない
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も引き続き 只今、 連続で書かせていただいている 商いを成立させる3つの要件 について 書かせていただきました。 だいぶ端折って言えば コロナショックを経て 世の中の価値観が ガラッと一変した今、 多くの事業者が 商いを成立させる3つの要件 全てを見直す必要に 迫られている というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― ウッカリ見逃しがち(?)な変化 ――――――――――――――― 商いを成立させる3つの要件 を変えなければいけない理由は 大きく分けて2つあります。 1つはもちろん、 新型…

>>続きを読む

今、何を変えなければいけないのかと言えば
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も引き続き 只今、 連続で書かせていただいてる 商いを成立させる3つの要件 について 書かせていただきました。 コロナショックによって 避けては通れない 安全欲求というハードル。 一方で 安全対策さえしていれば お客様が戻るかと言えば 現状を見る限り そんなコトも無さそうで・・・。 ――――――――――――――― この状況、違う角度から言えば ――――――――――――――― この状況を違う角度から 観てみると コロナショックを経て お客様は従来とは別の 新しい価値を見つけてしまった というコトが言えそうです。 で、…

>>続きを読む

万全の安全対策をしているのに、なぜ、お客様は戻らない!?
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も引き続き 只今、 連続で書かせていただいている 商いを成立させる3つの要件 について 書かせていただきました。 自社自店の商品・サービスに 興味・関心を持っていただくため には 相手の心を動かすコトが先 というのが絶対なのだけれど コロナショックによって 心が動いてから買うという 行動に至るまでの間に 安全 という 絶対的・優先的なな欲求を満たす 必要が生じた というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― 従来だって十分にしてきた ――――――――――――――― というコトで、 今、僕た…

>>続きを読む

コロナ禍で生じた「心を動かす」「+α」なハードル
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も引き続き 只今、 連続で書かせていただいている 商いを成立させる3つの要件 について 書かせていただきました。 あなたの商品・サービスに 興味・関心を 持っていただくためには まずは 「いいね!」 「エッ!何ソレ!?」 と、心を動かすコトが大切で 心を動かしてから スペックの説明 というコトを デビッド A アーカー氏の ベネフィットの3分類 を引用して 書かせていただきました。 ――――――――――――――― 平たく言えば、こういうコト(笑) ――――――――――――――― 先に理論を書いてしまったの ですが、…

>>続きを読む

<< 過去の記事へ 新しい記事へ >>