スタッフブログ

もったいない

2014年07月07日 ひとりごと スタッフブログ

改めてナンですが、弊社は業務として、販促ツールを作らせていただいています。
お客様からパンフレットや名刺、会社案内などの制作をご依頼いただきます。
ありがたいことです。
なのですが・・・。
悩ましい案件が少なくないのも事実です。
弊社として一番悩ましいのが「目的が不明確」な案件です。
「Webサイトを作るので、それと一緒に会社案内を作りたい」
「売り上げが落ちてきているのでチラシを作りたい」
「営業先に、「会社案内がほしい」と言われたので会社案内を作りたい」
などなど。
一見、問題ないように思える動機なのですが、良く考えていただきたいのです。
「それらの販促ツールによって、お客様にどんな行動を期待しますか?」
を。
そういう質問をすると、大体の場合、返ってくる答えは「買ってもらう」です。
もちろん、業種業態・商品内容・サービス内容によって、違いはあると思いますが、チラシを見ただけで購買を決めたり、会社案内を見ただけで取引を決めること、自分消費者だったらありますか??
販売促進の原則として意識すべきことですが、一つの発信に対するお客様のアクションは、(最高でも)一つが精一杯です。
なので、
・知ってもらう
・興味・関心を持ってもらう
・試してもらう・体験してもらう
・買ってもらう
・リピートしてもらう
というステップが必要で、各々のステップに応じた販促活動が必要なのです。
(このステップづくりを弊社では「購買モデルデザイン」と呼んでいます)
誰でも受信側と発信側では全然、考え方が変わってしまうものです。
自分自身が消費者の立場で情報を受ける時って、それほど多くの情報は受け取れていないものです。
一方、発信する立場の時は、いくらでも発信したくなるものです。
また、発信した効果・結果も過大に期待しがちなものです。
・相手の目線になる
・ステップ・バイ・ステップの販促活動を実践する
という点を意識しましょう。
販促活動に<一撃必殺>はありません。
「一発狙い」の販促活動は、返って時間・労力・経費を消耗する結果になってしまいます。

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。