スタッフブログ

神様も唱えていました!

2014年05月28日 ひとりごと スタッフブログ

デイヴィット・アーカーというお名前をご存知でしょうか?
(私は知りませんでしたが・・・)
アメリカの経営学者でカリフォルニア大学の名誉教授、そして電通の顧問だそうで「ブランドの神様」とも呼ばれているとの事。
購読しているメルマガで、昨日、たまたま知りました。
なんと、この神様が「ベネフィットには、3種類ある」と述べているそうです。
その3種類とは
・機能的ベネフィット
・情緒的ベネフィット
・自己表現ベネフィット
とのこと。
【参照】All About『アーカーのベネフィット3分類でコンセプトを考える』
    http://allabout.co.jp/gm/gc/415469/
機能的ベネフィットというのは、その名の通り、機能性やスペック。便利・安い・美味しい・早い・軽い、など。
情緒的ベネフィットというのは、安心感・高級感・解放感・面白いなどの感覚的な価値。
自己表現ベネフィットというのは、それを持つことによって得られる自分らしさ、など。
そして、大切なことは、売る側はつい「機能的ベネフィット」ばかり追求してしまいがちだけど、消費者が本当に求めている物は情緒的ベネフィットであり、自己表現ベネフィットである、ということだそうです。
コレって・・・、
まさしく弊社の価値フレーム!!
会社案内でも名刺でもロゴマークでもWebサイトでも、それらを作る上で一番大切なのは「それらを通じて<何>を発信するか」ということです。
なので、弊社ではそれらの全ての「基礎」「土台」「軸」として、まずは価値フレームの設計をオススメしています。
中々、目に見えないものだし、日々の忙しい営業活動の中ではあまり十分には考えられないポイントかもしれないし、何せ何か媒体(会社案内やWebサイトなど)を作る時って急いでいることが多いし、もちろん、費用だって極力安く済ませたいし、ということで、中々浸透しにくい商品ではありますが、「神様」とも称される方が提唱してくれているのはとても自信につながります!
尚、弊社の価値フレームは「機能」「情緒」「自己表現」の他に「情報」という価値を加えています。
そして何より、それらの真ん中に「御社ならではの・理念・夢・コンセプト・トンガリ・オンリーワン」が配置されます。
ご興味のある方は是非、以下のサイトをご覧ください。
●合資会社 笑う門HP「販促企画」
 https://www.warau-kado.com/wp/planning
●笑売繁盛 販売促進5W1H
 http://warau-5w1h.jimdo.com/
どうぞよろしくお願いします。
ありがとうございました!

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文: