スタッフブログ

知られていない!

2014年04月16日 ひとりごと スタッフブログ

先週末の12日(土)、お世話になっている川崎市の東田商店街で「いいじゃん東田」というイベントが開催されました。
2012年にスタートし、コツコツ続けること8回。お陰様で当日は大盛況!

と、言いたいところなのですが、包み隠さずに言ってしまうと、実はコレ、紛れもなく同日に開催した別のイベントのお蔭なんです。
同じく4月12日(土)(+13日(日)、川崎駅前で恒例の「かわさきアジアンフェスタ」が開催されました。
【参照】かわさきアジアンフェスタ
 http://kawasaki.mypl.net/asianfesta/
その中で行われている「タッチラリー」のポイントの一ヶ所を東田商店街にしていただきました。
お蔭さまで、タッチラリー目当てのお客様が次から次へと来場しました。

で、その方たちに伺ってみると、「いいじゃん東田」はもちろん、東田商店街のこと自体、知らなかった、という方が大半。
東田商店街は、商店街としてはとても小規模ではありますが、戦後間もなく形成し、経済成長期の頃は多くの人で賑わった川崎市内でも有数の老舗の商店街です。
それでも、これだけたくさんの、しかも地元の方々が知らない、というのが現実です。
でも、コレって東田商店街の話だけではありませんよね。
弊社の事務所の近くにあるスナック、「私はココで〇〇年、商売してんのよ!」というのがママが言うところの強みだそうですが、身内を除いてザッと周りを見渡すと、残念ながらお店を知っている人は皆無。
それどころか、保土ヶ谷宿名物会の各店でさえ、テレビ・新聞・雑誌など、かなりの頻度でメディアには取り上げられていますが、それでもイベント出店時など、「知らなかった」という人はそれなりの割合でいるものです。
・・・弊社にしてみれば、尚更です(汗)。
どんなに素晴らしい商品・サービスを持っていても、知られていないことにはどうにもなりません。
もちろん、具体的な話をすれば、「誰に」「何を」「どのように」伝えていかなければならないのか、ということを詰めていかなければいけませんが、まず、第一に私たちが認識しなければいけないことは、「知られていない」という現実ですね。

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文: