スタッフブログ

理念があって良かった話

2014年02月17日 ひとりごと スタッフブログ

「理念でメシは食えない」という話をチョクチョク耳にします。
たしかに、理念だけあってメシが食えればそんな便利な話はありませんが、理念があって良かった、という実体験をすることがたまにあります。
弊社は、販売促進企画業を営んでいます。
クライアントの売り上げを伸ばすために、(クライアントの)お客様の「買いたい」「欲しい」という気持ちのスイッチを入れることがミッションです。
そのために、会社案内・名刺・チラシ・ポスター・のぼり等、販促媒体の制作もしますし、ロゴマークやキャラクターなど、シンボルのデザインもします。
広告会社・デザイン会社・印刷会社など、同業他社も山ほどいます。
その中で、弊社にとって一番の大きな差別化のポイントは「クライアントのオンリーワンの価値を発信する」ということです。
ココがどうも伝わりにくいようなので、少し説明させていただきます。
販促物制作などで求められがちなこととして、「安く」「早く」「美しく」ということが挙げられます。
なのですが、弊社の体力・能力でそれを追いかけると、残念ながら弊社では勝てない競合が多いのが現実です。
一方、安いだけ・早いだけ・美しいだけでは、「販売促進のためのツール」としては片手落ち、と私たちは考えています。
私たちのミッションは、クライアントの売り上げを伸ばすために、(クライアントの)お客様の「買いたい」「欲しい」という気持ちのスイッチを入れることだからです。
安く作れればコストは削減できても高い効果を得ることには繋がりにくいし、デザインが美しい販促物ほど、個性が無くてお客様の記憶に残らない場合が多いです。
そこで、最も効果的な販促活動を行うために私たちがこだわっているのが、「クライアントのオンリーワンの価値を発信する」ということです。
更に、クライアントのオンリーワンを発信して、(クライアントの)お客様の「買いたい」「欲しい」という気持ちのスイッチを入れ、クライアントの売り上げを伸ばす理由は、「クライアント(更には弊社のスタッフや地域)の幸せ」のためです。
それが弊社の理念です。
【参照】合資会社 笑う門の経営理念
    https://www.warau-kado.com/rinen/rinen.png
で、話を元に戻して、「理念があって良かった」という話なのですが・・・。
長くなりそうなので、また改めて。
(笑)
スミマセン。
今回は自社PRみたいになってしまいました。
m(__)m

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文: