スタッフブログ

こんな時は、どうしますか?

2014年02月07日 ひとりごと スタッフブログ

皆さんなら、どちらを選びますか?
・あなたは、一流の腕を持ったシェフです。
・この度、念願が叶い、自分の店をオープンしました。
・オープンから2ヶ月、少しずつお客さんが付き始めています。
・料理の味も価格も店の雰囲気も、まずまず好評です。
・とは言え、もちろん、まだまだこれからです。
そんな折り、地域のとある業界団体の会長を務めるA社長から「無茶な相談」がありました。
「今度、この近くで会合を開くので、その後、この店で懇親会をやらせてほしい。
 地域で顔が利く面々が集まるので、宣伝代わりに1人〇〇〇円(この店の客単価の約半分)で料理を出してもらえないか?
 店が気に入れば、きっと皆さん、お客さんを連れて来てくれるよ」
こんな時、皆さんなら、どのような判断をするでしょうか?
A.
「折角の機会だけど、実際のところ、オープンしたばかりで日々の資金繰りに追われているので、あんまり良い恰好もできないな」
と考え、料金の範囲内で、料理を提供する
B.
「A社長も気を遣ってウチを使ってくれるのだろう。正直、日々の資金繰りに追われてはいるけど、今はまだ投資の時期。がんばってみるか」
と考え、平均的な客単価(=今回の予算のおよそ倍)に合せた料理を提供する
如何でしょうか?
まぁー、上記の条件設定も大括りですし、一概にはどちらが良いとは言えないかもしれません。
仮に、A社長や、社長が連れて来てくださる面々がとても図々しい人たちで、一度、その価格を認めたら次回以降もズーッとそれを要求するような人たちならば、間違いなく、無理する必要は全くないでしょう。
そうでなく、お店が無理をしている気持ちを汲んでくれる相手であれば、ここはグッと踏ん張って、大サービスしちゃっても良さそうですし、さらに言えば、次回ご来店の際の特典を差し上げるなどの動機づけまでできれば完璧ですよね。
レストランを想定した話でしたが、皆さんのお仕事でも、似たようなシチュエーション、ありませんか?
ポイントは2つ。
・相手を見て、ケースバイケースの判断をする
・基本はやはり、まずは相手を喜ばせて、人との関係を創っていく
というところでしょうか?
まぁー、そうは言っても、ケッコー勇気がいりますが。
P.S.
・・・誰にでもいつまでも、サービスし過ぎで全然、儲からないのも如何なものか。
あ、ウチの話です。
( ̄▽ ̄;)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文: