スタッフブログ

「ファンを創る」というコトについて

2014年01月24日 ひとりごと スタッフブログ

最近、「ファンを創る」「ファン化」というキーワードを改めて良く耳にするような気がします。
ビジネスを発展させて行く上で必要不可欠だと思いますし、弊社の販促企画も狙いはそこにあります。
なのですが、「ファンは自ら新しいお客様を連れて来てくれる」「広告費が要らなくなる」みたいなことがファンを創る主目的みたいに謳われている傾向があるように思え、少々気になっています。
もちろん、ファンが増えればそれらの効果は得られますが、目的はそこではないと思います。
自社・自店が創れる最高の価値を提供することで、それを喜んでくださる方との絆が生まれ、更に、それが深まったり広がったりしていく中で、お客様も自社・自店も満足度が高まり、ビジネスがより良くなって発展していく。そして、それが強いブランドとなっていく。
そういう「そこにいる全ての人が幸せになるため」にやるべきなのが「ファンを創る」ということだと思います。
なので、広告宣伝費削減を目指してファンを創る、みたいな発想は少々馴染めないかな、と考える今日この頃です。

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。