スタッフブログ

クチコミを促す仕組みを作る(?)

2013年08月23日 販売促進 スタッフブログ

最近、「クチコミを促す仕組みを作る」という販促企画を頻繁に見聞きします。
面白そうだし、効果ありそう。
でも、「仕組み」というのが何やら難しそう・・・!?
先日、同業者の眞喜屋さん(株式会社はぴっく・代表取締役)と「クチコミ」についてお話をしました。
眞喜屋さん曰く、
●クチコミは、(当然ながら)お客様に無理やりさせるものではない
●クチコミは、運まかせで自然に起きるものでもない
●クチコミは、お客様が自然に話したくなって話してしまうもの
とのこと。
はい。たしかに。
「自然に話したくなって話してしまうもの」・・・、って、例えば
「〇〇〇という映画が面白かった」
「〇〇〇というお店の〇〇が美味しかった」
「〇〇へ行ってきた。楽しかった」
ということですね。
こういう話題、毎日している人、毎日見ている人、たくさんいますよね。
例えばFacebook。
日々、大量のコメントがアップされているワケですが、その中で上記のような話題もたくさんあるワケです。
「クチコミを促す仕組みを作る」というと、なんかハードルが高そうですが、お客様にFacebookにアップしてもらうだけ(という言い方もナンですが)なら、それほど特別な仕掛けも必要無さそうに思えませんか?
「オリジナルメニューを提供する」「チョット喜んでもらえるような特典を差し上げる」などで良いと思います。
お客様にほんの少しの「特別感」や「優越感」を感じていただけるかどうか、つまり「ささやかな感動」を与えられるかどうかです。
「ささやかな感動」さえ与えられれば、お客様も「人に伝えたい」あるいは「自慢したい」という気持ちになっていただけるのではないでしょうか?
(一方で、「私だけの秘密に・・・」と思う人も中にはいるかもしれませんが(笑))
もちろん、「クチコミを促すため」に、無理にプロモーションをしたりするのは本末転倒ですよね。
やはり理想的なのは、お店や企業の「ハート」が伝わり、「ささやかな感動」をしていただくことではないでしょう。
では、その「ささやかな感動」って何でしょうか??

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文: