スタッフブログ

脱・業種業態!気付かぬうちに蓄積しているアレの恐怖

2022年09月21日 スタッフブログ

【雑談】

お彼岸、真っ只中、
というコトで。

お彼岸と言えば

おはぎ
(春はぼたもち)

なのですが・・・、

なんで!?


というコトで
サクッと調べてみたところ、

●小豆(の赤)は魔除け、
 餅は五穀豊穣に通じる
●砂糖は昔は高級品だった
 (=ご先祖様への感謝)
●あんこと餅を合わせる
 =先祖と心を合わせる

などなど、
色々な意味があるそうですよ!


では、メイントピックどうぞ!
―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き

今後、益々、
売り伸ばすのが難しくなる
2つのタイプ

というテーマで

現在の業種業態に固執して
変われない

遠くの目的を見ようとせず
目先の手段に走り過ぎる

という2つの傾向の内、
前者について
書かせていただきました。

と、言いつつも

文末に書いた

変えるべきなのは
販促ツール(?)ではなく
あなたの視点です!

は、
後者にも通じる話・・・、
ですね。

というコトで
今回は、その続きです。

―――――――――――――――
無意識のうちに、だからコワイ!
―――――――――――――――

現在の業種業態に固執して
変われない

というのは
言い方を変えると

無意識のうちに蓄積された
自分の中の常識(=固定観念)が

長い時間を掛けていつの間にか
「殻」になるほど厚く硬く
あなたを覆っていて

今となっては
何が常識で何が非常識なのか
区別が付かなくなっている

とも言えます。

コレは
あなたに限らず

多かれ少なかれ
誰にでもあるコトで
もちろん、
僕自身も例外ではありません。

―――――――――――――――
自覚するから柔軟になれる
―――――――――――――――

だからこそ、

ソレを自覚しつつ
柔軟に変えるべきを変え

変えてはいけない
モノやコトを守る

という感じ・・・、

ではないでしょうか?

と、話の方向が
少し逸れつつあるので
軌道を修正して。

―――――――――――――――
最大のデメリット
―――――――――――――――

現在の業種業態に固執して
変われない

の最大のデメリットは

競争・・・、

しかも
中小企業・小規模事業者に
とっては

おおよそ勝ち目のない競争に
巻き込まれざるを得ない

というコトです。

どういうコトかというと。

―――――――――――――――
残念ながら、アチラを選びます
―――――――――――――――

特にメーカーや問屋などから
商品を仕入れる小売り業などは
顕著かと思いますが

同じ商品・サービスを
同じ業種の別の企業や店舗も
取り扱うワケで

その場合、
非常に単純に言ってしまえば

普通の消費者であれば

知名度があって
価格が安い方から買います、
よね!?

―――――――――――――――
ズバリ!コレに答えてください
―――――――――――――――

で、
ココで云いたいのは

業種業態を問わず
ナンでもカンでも
売れるモノを売れば良い、

という話ではありません。

スパッ!
と言ってしまえば

あなたは何屋さんですか?

を明確にする、
というコトです。

そういうワケで
次回に続きます。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。


【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!

 【物語型集客術メールマガジン】
  https://www.warau-kado.com/mailmag/acc.cgi?id=150328106091757

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
 https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
 https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
 https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

※リクエストをお送りくださる際は
 併せてメッセージもお送りください

◆集客したい人!まずはココから!
 【ブログの前に!FBの前に!
  理想の顧客がドンドン集まる
  魔法のキャッチコピー作成講座】
  (無料)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/p5656

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。