スタッフブログ

情報氾濫時代!「知られていない」が意外とあるある

2022年06月30日 スタッフブログ

【雑談】

先日、ふとしたキッカケで

「山田さんの家は
 いつからココに住んでるの?」

と訊かれ
考えてみたところ・・・。

祖父母の代からと聴いているので
そう考えると

100年までは行かなくても
ほとんどソレに近いようです。

そう考えると
改めてスゴイコトです。

何かしら
住み続けられなくなるようコトを
やらかさなかった祖父母・両親が
エライ(?笑)ですし

(商売もやっていたので)
色々とご迷惑をお掛けしていた
にもかかわらず

あたたかく
見守ってくださっていた
ご近所の皆様にも感謝ですね。

桜が消滅して久しい桜ヶ丘ですが
地元の景色が少し違って見えた
今日この頃です。

※暑さのせいではありません。
 (笑)

では、メイントピックどうぞ!
―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は

「特に」、
同じ場所で長くご商売を
されている方が陥りがちな

ウチのコト
知らないワケないだろー

という盲点について
書かせていただきました。

人の「情報吸収力」

・・・という言葉が
あるのかどうか知りませんが
(笑)

って、
意外と限られているようで

知らない理由が
全く見当たらない!

と思うようなコトでも
案外、知られていない

なんてコトが
多々あります。

―――――――――――――――
こういう間違えをしがちです
―――――――――――――――

で、
知られていないコト自体も
問題なのかもしれませんが

今回、ココで取り上げさせて
いただいたポイントは

知られていないコトに
気付いていないコトで

対策を間違えてしまう

というコトです。

例えば
あなたの商品・サービスの中に

売れ行きが芳しくないモノが
あったとして

本当は
知られていないから
売れていないだけなのに
そこを見落すと

「高いから売れない」
「コレは売れない商品なんだ」

と考えてしまいがち

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
見られていなけりゃ知られてない
―――――――――――――――

で、
そこを正しく見極めるためには

「ヒト」を見るコトが大切

実店舗の場合であれば

お店の前に人は通っているのか

お店の前を通る人にとって
自分の店は

(まちの)景色に
溶け込んでいないか?

というところを
注意深く見るべきでしょう。

で、万一、

(まちの)景色に
溶け込んでしまって

誰もお店の存在に気付いていない

なんてコトになっていた場合、
どうすれば良いでしょうか、

というお話なのですが。

―――――――――――――――
景色に溶け込まないために
―――――――――――――――

早い話、

お客様の視界に飛び込む

というコトでは
ないでしょうか?

例えば、前述と同じく
実店舗であれば

店舗からの情報発信です。

具体的には

ポスター、黒板、看板、POP
などなど

色々なツールが考えられますが

大切なポイントは

お客様の視界に飛び込む

というコトなので

A型看板のように
お客様の進行方向に向き合う
ツールが良いですよね。

―――――――――――――――
さらに言えば、情報氾濫時代です
―――――――――――――――

ただし、
通行の妨げになるのはもちろん
NGですし

よりハデに、よりギラギラに
みたいな発想は
進む方向を間違えているので
ご注意ください。
(笑)

さらに言えば

知ってもらいさえすれば
買ってもらえる

というコトでもない場合が
圧倒的に多いでしょうし

情報氾濫時代の中では

アンテナに引っ掛かるかどうか

こそが

発信する情報の価値

とも言えます。

―――――――――――――――
コレは肝に銘じましょう!
―――――――――――――――

とは云うモノの
ソレが難しいワケなので

ソコは繰り返し繰り返し
試しつつ

アンテナに引っ掛かるコツ

を掴みましょう!

まずは、何はともあれ

(意外にも)
知られていない場合が多々ある

というコトを
更にさらに
肝に銘じておきましょう!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。


【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!

 【物語型集客術メールマガジン】
  https://www.warau-kado.com/mailmag/acc.cgi?id=150328106091757

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
 https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
 https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
 https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
 【ブログの前に!FBの前に!
  理想の顧客がドンドン集まる
  魔法のキャッチコピー作成講座】
  (無料)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/p5656

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。