スタッフブログ

売るために売らない!お客様に本当に求められる存在になる術

2022年06月23日 スタッフブログ

【雑談】

実家からスイカもらいました。

初モノ♪

個人差はあるんでしょうけど
スイカって・・・、

テンションあがりますね!


で、今更ナンですが。

スイカって
キャラ立ってますよねー。

柄、色、存在感。

全てイイ感じです。

どうでもイイ話ですが。
(笑)



では、メイントピックどうぞ!
―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き

お客様にとって

あなたが
オススメしてくれるモノなら
私にとって価値あるモノに
決まっている

という存在になるためには
何が必要なのか

について
書かせていただきました。

気心知れた

をキーワードに
書かせていただきましたが

そのような間柄になるには
ソレまでにソレ相応の
エピソードや交流があり

その都度、

楽しかったり嬉しかったり
刺激になったり

みたいな感情があったのでは?

というコトを
書かせていただきました。


そしてソレは

相手がお客様であっても
同じコトで。

―――――――――――――――
お客様に馴れ馴れしくする(?)
―――――――――――――――

ただし!
この話をする前に注意点を1つ。

今、

気心知れた間柄

というキーワードで
話を進めていますが

目的は

お客様にとって

あなたが
オススメしてくれるモノなら
私にとって価値あるモノに
決まっている

という存在になるコト

であって、

お客様に馴れ馴れしくする

という意味ではありません。

そして。

―――――――――――――――
ソレは逆に↓こうとも言えます
―――――――――――――――

少しヤヤコシイ言い草ですが

逆に言えば

お客様に馴れ馴れしくするコト

お客様にとって

あなたが
オススメしてくれるモノなら
私にとって価値あるモノに
決まっている


という存在になるための
必須条件であるならば

ソレはソレで成立です!

要するに
目的を見失わなければ
OKです!

―――――――――――――――
ココから本題です!
―――――――――――――――

で、本題。

お客様にとって

あなたが
オススメしてくれるモノなら
私にとって価値あるモノに
決まっている

という存在になるために
必要なコトは

前述の通り

エピソードや交流の
質と量をアップする

というコトですね。

つまりは
お客様との接触頻度を
高くしつつ

お客様が喜ぶツボを
「自然に」把握する

というコトです。

―――――――――――――――
目の前にいる時・いない時
―――――――――――――――

お客様が
あなたの目の前にいない時は

メール、Line、ハガキ、
ニュースレターなどなど

あなたが無理なく続けられる
様々な方法を駆使して

情報発信&コミュニケーション

を図ります。

目の前にいる時は
ただただ雑談です!

無理やり引き出そうとせず
勘ぐらず

目の前のお客様のお人柄に
触れさせていただきます。

そんな地味なコトを
繰り返していると・・・。

―――――――――――――――
「なぜか」「意外と」「ある時」
―――――――――――――――

「なぜか」「意外と」「ある時」

お客様へオススメする商品が
イメージできるようになります!

抽象的な話ばかりですが
如何でしょうか?

ぜひぜひ、お試しください!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。


【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!

 【物語型集客術メールマガジン】
  https://www.warau-kado.com/mailmag/acc.cgi?id=150328106091757

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
 https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
 https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
 https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
 【ブログの前に!FBの前に!
  理想の顧客がドンドン集まる
  魔法のキャッチコピー作成講座】
  (無料)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/p5656

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。