スタッフブログ

「集客をしなくても良い方法」を考えてみました

2022年04月25日 スタッフブログ

【雑談】

写真、良く分からないと
思いますが。
(笑)

なんと!
今年も我が家のあじさいに
蕾が付きました!!
(≧▽≦)

まさしくちょうど
この写真を撮った前日に
Facebookの
「1年前の今日」(ですっけ?)
みたいな情報で

↑とほぼほぼ同じ内容の投稿を
していたのを見て
(進歩ナシ!?・苦)

「こんな早い時季だっけ?」

と思った矢先の出来事でした。

花、楽しみです!


では、メイントピックどうぞ!
―――――――――――――――
まさに「矢継ぎ早ッ!」な世の中
―――――――――――――――

改めてナンですが
世の中の変化のスピードは
激しさを増す一方ですね。
(汗)

技術の進化や
人口動態・自然環境の変動、

さらには
新型コロナウィルス感染症や
ロシアによるウクライナ侵攻
などなど。

そして、
ソレらに伴う価値観や
生活様式・ビジネス様式の変化。

当然、
マーケティング環境やツールも

1つ現れては陳腐化していく
スピードはまさに矢継ぎ早ッ!


で、
何が言いたいのかというと。

―――――――――――――――
メンドクサくなってしまいました
―――――――――――――――

ソレら(最新の集客メソッド)を
追い掛けるの

メンドクサくありませんか?
(汗)


マーケティングや販促に
一生懸命な人ほど

商売やビジネスのために
マーケティングをやっているのか

マーケティングのために
商売やビジネスをやっているのか

ワケが分からなくなって
いるのでは??

そんなワケで、
今回は半ば「箸休め」的に

集客しなくても良い方法

を考えてみました。

―――――――――――――――
実は意外と的を得た視点
―――――――――――――――

「箸休め」的に

とは書きましたが

集客をしなくても良い方法

って
販促・マーケティングの本質から
考えると

実は意外と的を得た視点

ではないでしょうか?

なぜならば、そもそも

多くの商人やビジネスマンが
集客したいと思っている一方で

多く(全て?)の人は
集客されたくないと思っている

のが現実なので。

―――――――――――――――
集客されたくない人だって
―――――――――――――――

「集客されたくない」

をもう少し嚙み砕いて言うと

ほしくもないモノ
(もしくは
 ほしくなってもいないモノ)

を売り込まれたくない
(と思っている)


と考えて良さそうですよね。

だからと言って

その人たち
(=世の中のほとんどの人たち)
だって何もほしくないワケでは
ないし

生活に必要なモノや
自分たちが好きなモノやコトには
お金を使っているワケです。


と、いうコトは。

―――――――――――――――
まるっきり机上の空論、ですか?
―――――――――――――――

多くの人が

・ほしくもないモノは
 売り込まれたくない
・生活に必要なモノや
 好きなモノ・コトには
 お金を費やしている

のであれば

あなたの商品・サービスが

生活に必要なモノであったり
好きなモノ・コトであれば

集客しなくても良くなりそう

というのは

まるっきりバカバカしい
机上の空論


でしょうか?

次回以降、続けます。

もう少しだけ
お付き合いください!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。


【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!

 【物語型集客術メールマガジン】
  https://www.warau-kado.com/mailmag/acc.cgi?id=150328106091757

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
 https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
 https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
 https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
 【ブログの前に!FBの前に!
  理想の顧客がドンドン集まる
  魔法のキャッチコピー作成講座】
  (無料)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/p5656

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。