スタッフブログ

リストを拒絶する理由と本来の目的

2022年04月07日 スタッフブログ

【雑談】

想像してみてください。

フルーツグラノラに
加糖コーヒーを掛けると
どんな味だと思いますか?
( ̄ー ̄)ニヤリッ


基本的に

「美味しい」か
「すごく美味しい」しかない

ポジティブな味オンチの僕ですが

数少ない苦手なモノの1つが
甘い(加糖)コーヒー。

そんな僕のところに
不思議なご縁でやってきた

パックの加糖コーヒー。
(1000ml・汗)

どうしたモノかと
思っていた矢先、

グラノラを食べようとしたら
牛乳を切らせていたコトを
思い出し・・・。

甘い(グラノラ)
×甘い(加糖コーヒー)

で甘くなりすぎるコトだけを
恐れていたのですが

なんと!

ビターな感じが引き立って
案外おいしかったです!!

気になる方は是非一度!


※僕は次回以降、
 やっぱり牛乳でいただきます
 (笑)


では、メイントピックどうぞ!
―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き、

人が手を掛けるべきところと
ソレ以外のところの
見極めが大切

という話の中で

その中でも特に
人の手を掛けるコトが大切
と思われる

ファンづくり

に欠かせない

リストづくりと
そのリストへの働きかけ

について
書かせていただきました。

―――――――――――――――
リストを拒絶する2つの理由
―――――――――――――――

リスト(顧客名簿)

というと
拒絶反応を示す人が
圧倒的多数なのですが
(笑)

その理由は大きく分けて

・メンドクサイ
・売り込み過ぎて嫌われる

あたりかと思いますが

人の手を掛けるコトが大切

というトピックですので

メンドクサイ

は当然、論外としつつ・笑

売り込み過ぎて嫌われる

は、少なくとも、
今、ココでお伝えしている
リストの活用方法とは

まーったく視点が異なっている

というコトをお伝えします。

―――――――――――――――
ソレでファンはつくれますか?
―――――――――――――――

今、
ココで書かせていただいている
リストの活用の目的は

ファンづくり

です。

あなたご自身もコレまで

アチラコチラに溢れている
登録するなり売り込み一辺倒の
メルマガやLineなどなどで

何かのファンになったコト、
ありますか??

と考えていただければ

今、ココで
ファンづくりのために
提唱している
リストの活用方法が
ソレではないであろうコトは
想像できるかと思います。

では、
ソレとは何が違うかと云うと。

―――――――――――――――
リストに対して伝えるコト
―――――――――――――――

そもそも、
リストに伝える内容が
異なります。

メルマガやLineは

リストに登録してくださった
お客様や見込み客
(=リスト)に対して

その人たちとの
関係を構築する(=絆を創る)
ために発信するモノです。

そして
人間関係を構築するために
必要なのが

まずは自分自身を伝えるコト

ですよね?

―――――――――――――――
自分自身を伝えるコト、とは?
―――――――――――――――

と、
サラッと一言で書いただけでは
伝わりにくいかもしれませんので

自分自身を伝えるコト

について
次回、書かせていただきます!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。


【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!

 【物語型集客術メールマガジン】
  https://www.warau-kado.com/mailmag/acc.cgi?id=150328106091757

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
 https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
 https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
 https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
 【ブログの前に!FBの前に!
  理想の顧客がドンドン集まる
  魔法のキャッチコピー作成講座】
  (無料)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/p5656

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。