スタッフブログ

効率化するべきところと人が手を掛けるべきところ

2022年03月28日 スタッフブログ

【雑談】

先日、ごくごく近所で
もちろん
何回も何十回も何百回も
通っている道で

しかも

道端にヒッソリ

とかではなく

視界の「ど」ストライクゾーンに

見たコトも無い花
(と思い込んでいる?)

が咲いているのを見つけました。

見落しているコト
世の中、無限にありますね!?

ちなみにコレ、何の花ですか?
調べたところ「キブシ」かな?
と。

詳しい方、教えてください!


では、メイントピックどうぞ!
―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は

事業の規模が小さく、
事業者や経営者自身が
やらなくてはならないコトが
たくさんあり、

だからこそ!

人が手を掛けるべきところと
ソレ以外のところの
見極めが大切


人が手を掛けるべきところ
(=人でなければできないコト)

の1つが

多くの小規模事業者や
中小企業経営者が
避けて通りたがる

お客様との関係づくり

というコトを
書かせていただきました。

どういうコトかと言いますと。

―――――――――――――――
突然ですが<物語型集客術>
―――――――――――――――

(突然ナンですが)
タイトルになっているにも
拘わらず
触れるコトが少ない(汗)

物語型集客術

ですが、
一言で云うと

ファンづくり

のコトなんです。

ある人(=見込み客)が
何かのキッカケで
山田さんの
商品・サービス(=ブランド)と
出会い

興味・関心が湧いて

一度、試したら
なんか良くて

リピートしているウチに

気付いたらドハマリして
ファンになっていた

というストーリーを構築する
販促・マーケティング術です。

で、
↑の話と何の関係があるのかと
云うと。

―――――――――――――――
効率化するべきところ
―――――――――――――――

人が手を掛けるべきところと
ソレ以外のところ

という切り口で考えた時、

(主に単価の大小の関係で)
業種・業態によるところも
多少はあるかもしれませんが

ある人(=見込み客)が

最初にあなたの
商品・サービス(=ブランド)の
存在を知って
興味・関心が湧いて

初回の購入、
あるいは
最初の問い合わせあたりまでの
行動は

極力、効率化・自動化
できるコトが理想的ですよね!

なので、各社・各店、
Webサイト・SNS・広告・
店頭看板・ポスター・チラシ
などなど

様々な販促に取り組むワケ
なのですが。

・・・問題はその後です。

―――――――――――――――
人が手を掛けるべきところ
―――――――――――――――

初回の購入なり問い合わせなり、

一度、接点を持ったお客様に
コチラから何かしらの方法で
ご縁を繋ごうとする人が
とーっても少ないんです!!

で、今回は

ソコが大切で
ソコこそが

人が手を掛けるべきところ

というコトを
お伝えしたいのですが。

―――――――――――――――
次回、改めてお伝えします!
―――――――――――――――

そもそも、ソレ以前に

リピーターづくり
ファンづくり
(=お客様との関係づくり)


しなければならない
理由が分からない

という感覚の方は
やっぱり少なくない

という現実を最近、
改めて突き付けられてしまい。
(汗)

そんなワケで次回(以降)、
ソレが大切な理由を
改めて書かせていただきます。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。


【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!

 【物語型集客術メールマガジン】
  https://www.warau-kado.com/mailmag/acc.cgi?id=150328106091757

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
 https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
 https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
 https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
 【ブログの前に!FBの前に!
  理想の顧客がドンドン集まる
  魔法のキャッチコピー作成講座】
  (無料)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/p5656

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。