スタッフブログ

理想のお客様と繋がる超シンプルな世界観の表現方法

2022年01月24日 スタッフブログ

【雑談】

いわゆる「沼」でしょうか!?

先日、
テレビで観た謎解きが
引き金となり・・・、

謎解き脱出アプリ、

ハマりつつあります。
(汗)

では、メイントピックどうぞ!
―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き

ファンづくり

について
書かせていただきました。


あなたが

自社自店の価値はコレ!

と思っているところを

意外にも
お得意様・上得意様でさえも
気付いていない

あるいは
他のところに価値を感じている

という場合に

お客様に本来の価値に
気付いていただく方法の
1つ目について
書かせていただきました。

―――――――――――――――
今回は「もう1つ」のお話です
―――――――――――――――

というコトで
今回は「もう1つ」の方について
書かせていただきます!

ソレは何かと言いますと

自分(たち)を出す!

というコトですね!


もう少しロジカル(?)な
言い方をすると

世界観を発信する

というコトになるのですが
そもそも

自社自店の世界観を
「意図的に」「明確に」
表現して発信するコト自体が
難しい

という場合は少なくないので

ココではまずは

自分(たち)を出す!

というコトを
書かせていただきます。


―――――――――――――――
こういうコト、しちゃダメですか
―――――――――――――――

ちなみに、
あなたは
通常の業務の中で

お客様に
ご自身のプライバシー・・・、

例えば
趣味や家族構成、
あるいは最近の出来事などを
お伝えする機会はありますか?


むしろ、
そういうコトは
お客様にお伝えしてはいけない

という感覚の方が
強いのではないでしょうか?

ソレが社会の常識として
良いか悪いかはともかく

今、ココで
書かせていただいている
ファンづくりの考え方としては

非常に大切になります!


―――――――――――――――
なぜソレが大切なのか!?
―――――――――――――――

なぜならば
そういうところに自然に
あなたの
お人柄や価値観がにじみ出て

お客様は
(無意識にでも)

自分と合うか合わないかの
判断材料にできるワケです。

ただし、
前回、書かせていただいた

理想のお客様の
興味のアンテナに引っ掛かる

というコトも意識しつつ

ナンでもカンでも
包み隠さずオープンにする

というコトではなく

理想のお客様が
興味を持ってくださるで
あろう内容、
あるいは伝え方は
意識してくださいね!

何事もバランスが大切です。
(笑)

―――――――――――――――
ソレによってアレが出来上がる
―――――――――――――――

というコトで

●理想のお客様の
 興味のアンテナに引っ掛かる
 見せ方・演出を心掛ける

●ご自身の情報を発信する

の2つをオススメしたワケ
なのですが

こういうコトの積み重ねによって
出来てくるのが

あなたの世界観

で、
ソレに魅了されて
お付き合いをしてくださる
お客様は

理想の顧客

というコトになります。

その関係が出来るコトで
何が起こるのか

について
次回、書かせていただきます!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。


【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!

 【物語型集客術メールマガジン】
  https://www.warau-kado.com/mailmag/acc.cgi?id=150328106091757

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
 https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
 https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
 https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
 【ブログの前に!FBの前に!
  理想の顧客がドンドン集まる
  魔法のキャッチコピー作成講座】
  (無料)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/p5656

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。