スタッフブログ

お客様と価値観を共有するためにできること

2022年01月20日 スタッフブログ

【雑談】

Windowsを起動すると
(主に?)風景などなど
色々な画像が出てきますよね。

昨日、
「メッチャクチャ寒いなぁー」
なんて思いながら
パソコンを立ち上げた時に
出てきた画像がコレで

思わず胸が
「キュン」としました!
(笑)


では、メイントピックどうぞ!
―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き

ファンづくり

について
書かせていただきました。

ファンづくりで一番大切なのは

価値観の共有

なのですが
コレが意外と難しく

身近なお客様でさえも
改めて、自社自店を
ご利用いただいている理由を
聴いてみると

「エッ、ソコ!?」

と思うような
回答が返ってくるコトが
しばしばある、

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
ソレの共感を得るために
―――――――――――――――

で、大切なのはココからです。

今、違うトコロに
価値を感じてくださっている
お客様に

あなたが一番、共有したい価値を
伝えて共感してもらうには
どうすれば良いか

というコトですね。

もちろん、
色々な方法があるとは
思いますが

ココでは
具体的な方法というよりは
少し抽象度が上がりますが

「考え方」として2つほど
書かせていただきます。

―――――――――――――――
まずは1つ目から
―――――――――――――――

1つ目は「見せ方」ですね。


(当たり前かもしれませんが)
今、ソコに価値を感じていない

というコトは
現在の見せ方では

そのお客様の興味のアンテナには
引っ掛からない

というコトですよね。

ソコで!

あくまでも本質は変えずに
見せ方や表現・演出を

理想の顧客像の興味のアンテナに
引っ掛かるモノに変える

というコトですね!

もう少し丁寧に補足すると

理想のお客様の興味のアンテナに
引っ掛かるモノと

あなたが
お客様と一番共有したい価値を
掛け合わせる

というコトですね!

―――――――――――――――
例えば、こんな感じです
―――――――――――――――

しばしば

商品のネーミングを変えたら
ヒットした

なんて事例がありますよね。

あるいは
身近なところでは
飲食店がメニューの構成を変える
というコトは
珍しくありませんし

少し大掛かりなところでは
お店の内装や外装を変える
なんてコトもありますよね。

お金を掛けるコトを
おススメするワケでは
ありませんが

お客様は
自他ともに思っている以上に
勝手な印象や思い込みが
無意識に焼き付いているモノ
ですので

ソレらによって
印象がガラリと変わり
今までとは異なる価値に
気付きやすくなる

というコトです。

―――――――――――――――
もう1つ。コレができれば・・・
―――――――――――――――

そして、もう1つ。

むしろ、
こちらの方が大切ですし
こちらが出来れば

あなたが

お客様にとって
価値があるであろうと思う
様々なモノを売るコトが
できるのではないかと
思います!

というコトで
次回に続きます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。


【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!

 【物語型集客術メールマガジン】
  https://www.warau-kado.com/mailmag/acc.cgi?id=150328106091757

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
 https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
 https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
 https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
 【ブログの前に!FBの前に!
  理想の顧客がドンドン集まる
  魔法のキャッチコピー作成講座】
  (無料)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/p5656

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。