スタッフブログ

従来の商品・サービスは、「コレ」のための「販促品」になる時代!?

2021年12月20日 スタッフブログ

【雑談】

誤解を恐れ・・・つつ(?)、
申し上げますと

最近、突然、

神さま・仏さまの世界

にハマりつつあります。
( ̄▽ ̄;)

ナンででしょうか?
でも、チョット夢中!
(笑)


では、メイントピックどうぞ!
―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は

次から次へと注目ワードが
現れては消える(?)
「矢継ぎ早度」が

(肌感覚的に)
益々、加速している昨今にあって
思わず目に留まり気になった

クリエイターエコノミー

なる新語について
書かせていただきました。

今回は

馴染みのないせいもあってか
遠くに聴こえる印象が否めない
このワードについて

僕たち
中小企業・小規模事業者にも
起こり得る
メリット・デメリットについて

勝手に考え
書かせていただきます!

―――――――――――――――
実は、既に始まっています!
―――――――――――――――

まず考えられるメリットとして

従来とは異なる
キャッシュポイントが生まれる
(可能性が高い)

というコトが
挙げられると思います。

コレについては
現時点ではまだ少数派かも
しれませんが

既に足を踏み入れている人も
いますよね。

典型的なところでは

・おそば屋さんのそば打ち
・花屋さんのアレンジメント
・飲食店のお料理テクニック
などなど

ご自身のビジネスのノウハウを
You Tubeで公開して
広告収入を得るモデルですね!

―――――――――――――――
「舞台裏」が試金石!?
―――――――――――――――

↑のようなコト以外でも

「仕入れ」「仕込み」「制作」
「開店準備」「掃除」などなど

従来は表に出ない
「舞台裏」の部分に
たくさんの
「いいね」や「エモさ」が
潜んでいて

SNSの好評価に
繋がったりしますよね!

そして!

たくさんの「いいね」
(=いわゆる「バズる」)に
繋がるだけなら
まだ理解の範疇でもありますが

ソレがマネタイズされたり
さらには

その環境を整備していく方向に
時代が進んでいる

というコト(らしい)です。

で、あるコトから

スゴーク極端な妄想を
してしまうのですが。

―――――――――――――――
従来の商品・サービスの行方
―――――――――――――――

この流れで行くと、
今後、益々

プロの仕事の舞台裏

もしくは

ソレらを「エモく」「オカシく」
表現したコンテンツや

ソレらを創れる経営者・店主・
あるいはスタッフの方々
(=クリエイター)の
価値が高くなり
(=高価格で取引される)

一方で
従来の商品・サービスは
益々、価格競争に陥り
価格は下がり続けた結果、

将来的には

プロの仕事の舞台裏コンテンツ
の価格が

従来の商品・サービスの
価格を上回る

どころか

従来の商品・サービスは

プロの仕事の舞台裏コンテンツに
繋げるための販促品

なんてコトに
なる日が来るかもしれませんね?
(汗)

―――――――――――――――
オンリーワンが光る時代!
―――――――――――――――

でも、ソレってある意味で

各々のご商売やビジネス
あるいは
ソレらに携わる人たちの
オンリーワンが光る時代

とも言えますよね!

とは言え。

その一方で
考えられるデメリットも
あるワケで。

ソレについては
次回に続きます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。


【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!

 【物語型集客術メールマガジン】
  https://www.warau-kado.com/mailmag/acc.cgi?id=150328106091757

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
 https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
 https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
 https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
 【ブログの前に!FBの前に!
  理想の顧客がドンドン集まる
  魔法のキャッチコピー作成講座】
  (無料)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/p5656



<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。