スタッフブログ

勝手にスミマセン!異業態の「カスタマイズ」、考えてみました

2021年12月06日 スタッフブログ

【雑談】

今日、新聞記事の中に

馥郁(ふくいく)

という初めて目にする言葉が
書かれていました。

調べてみたところ

「良い薫りが漂うさま」

という意味なんだそうです。

なんか情緒的。

こういうワード、
経営理念・・・、
とまでは言わないまでも

今、流行り(?)の
パーパス(存在意義)
みたいなのに
盛り込みたいなぁー

なんてふと思いました!


ソレでは、
メイントピックどうぞ!

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は

弊社が以前、試みた

カスタマイズの取り組み

を紹介しつつ

今後ますます重要になっていく

「個」への対応

について
書かせていただきました。

―――――――――――――――
コレをベースに考えてみましょー
―――――――――――――――

弊社では以前、
デザイン業務という
そもそがフルオーダーメイドな
事業モデルを

●フルオーダー
●セミオーダー
●カスタマイズ

という
3分類にできないか
試みたコトがありました。

そこで今回は
「↑コレをベースに」
「逆に」

従来、
同じモノを大量に作り
ソレらを1つ1つ販売する

製造小売業(など)の業態に
採り入れるコトで

「個」への対応

ができないか
(勝手に・笑)
考えてみたいと思います。


―――――――――――――――
素人発想でスミマセン・汗
―――――――――――――――

全然、詳しいワケではないので
間違えていたらご容赦ください。

上記に該当する業態の場合、
(失礼ながら・汗)
大括りで言えば

商品ごとの「完成形」に向かって

型にはめて量産したり
手作りで1つ1つ作り上げたりが
ほとんどですよね?

その工程を
解体したり細分化したりで

お客様と共創して
カスタマイズできる要素を
盛り込めないでしょうか??

―――――――――――――――
あくまでも「例えば」の話
―――――――――――――――

例えば
「型」を作る手前の部分
(=デザイン?)を
お客様に考えていただく

あるいは
ソレが難しいのであれば

予め部品ごと(?)に
いくつかパターンを用意しておき
お客様は
その中から各パーツを選び
組み合わせていただく

など。

↑微妙に(?)異なりますが
スタバやサブウェイ、
あるいはラーメン屋さんなど
「上級者」が好むヤツですね・笑

―――――――――――――――
高くなるから売れなくなる!?
―――――――――――――――

当然、大量生産でなくなると
単価は高くなると思いますが
その分、価値も高くなるので

安いモノがほしい人には
売れませんが

高い価値を得たい人には
求められる可能性が
十分に出てきますよね!

―――――――――――――――
「ならでは」の個別対応を!
―――――――――――――――

今回はあまり
ウケの良い例ではないかも
しれませんが
(汗)

前述の通り
今後、「個への対応」が
益々重要になるのは間違い
ありませんし

「個への対応」に限らず
今、僕たち事業者が
やらなければいけないのは

考え続けて
新しい価値を創り続けていくコト
ですよね!

ぜひぜひ、
↑のウケの良くない例(汗)を
否定するだけでなく

あなたならではの
「個への対応」
編み出してください!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。


【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!

 【物語型集客術メールマガジン】
  https://www.warau-kado.com/mailmag/acc.cgi?id=150328106091757

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
 https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
 https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
 https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
 【ブログの前に!FBの前に!
  理想の顧客がドンドン集まる
  魔法のキャッチコピー作成講座】
  (無料)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/p5656

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。