スタッフブログ

何のための「効率」なのかを今一度!

2021年11月04日 スタッフブログ

【雑談】

国民的大人気漫画
『ワンピース』の第100巻、

ようやく読みました!

「ワノ国」編、
クライマックスですねー!
久々(?)に
ワンピース的盛り上がりを
期待させますねェー!!

ちなみにコレ、
誰もが気付いているコト
なのでしょうか?

コミック第100巻のカバーを
外すと・・・、


尾田栄一郎先生の
記念コメントが!!

この原稿、今年1月に
連載1000話を記念して
新聞広告に掲載したモノ
らしいのですが

こんな仕掛け、
ワンピース的で大好きです!


では、メイントピックどうぞ!

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、
メディアにひっぱりだこの
ある有名店の事例を
取り上げさせていただきました。

年に何度も
メディアに取り上げられ

その都度、お店には
少なからぬお客様が訪れ

そしてスグにいなくなる

というコトが
常に繰り返されている同店に

リスト登録と
登録してくださったへの
情報発信

を提案したところ

「そんな時間は無い」

と一刀両断だったワケ
なのですが。

―――――――――――――――
そのお店だけではありません
―――――――――――――――

なのですが
コレ、まーったく
そのお店に限った話では
ありません。

今までも数多くの方々に
同様の提案をしてきましたが

「時間が無い」「人がいない」

と答えた方の数知れず、です。
(汗)

で、
今回はこの事例を

「効率化」と「得たい結果」

という切り口で
書かせていただこうと思います。

―――――――――――――――
効率化は大切・・・、だけど
―――――――――――――――

「効率化」と言えば

作業の手間を減らす

あるいは

無駄な経費は削減する

とか、
そういうコトですよね。

もちろん、
どちらも大切なコトで
そのため
(だけではありませんが)に

例えば
最近では各社各店が
DXに取り組んだりしているワケ
ですよね。

一方で。

―――――――――――――――
経費 or 投資?
―――――――――――――――

最近、よく耳にするのが

「ソレは経費か投資なのか?」

という投げ掛けです。

ただ
(という言い方もアレですが)

費やすだけなら経費
(ココでの意味は
 「無駄遣い」とほぼ同義?)

ですが

何かしらの
「回収(=リターン)」が
期待できるのなら
ソレは投資です。

そして
ソレはお金だけの話に限らず

時間も労力も同じですよね!

―――――――――――――――
ソレは本当に非効率?
―――――――――――――――

で、話を戻します。

人口減少・市場の縮小・
お客様の嗜好のより一層の細分化
などなどで

新規集客が益々難しくなっている
昨今、
そして更に難しくなっていくで
あろう今後、

一度ご縁をいただいたお客様に
(リストに)
ご登録いただくコト

ご登録してくださったお客様に
喜んでいただける情報を
提供する時間・労力・費用

経費でしょうか?
投資でしょうか?

そして、
「得たい結果」(=目的)
を得るための手段として

ソレは本当に

非効率なコト

なのでしょうか??

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。


【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!

 【物語型集客術メールマガジン】
  https://www.warau-kado.com/mailmag/acc.cgi?id=150328106091757

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
 https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
 https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
 https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
 【ブログの前に!FBの前に!
  理想の顧客がドンドン集まる
  魔法のキャッチコピー作成講座】
  (無料)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/p5656

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。