スタッフブログ

誠に勝手ながら「(僕が)憧れて止まないビジネススタイル」について

2021年10月11日 スタッフブログ

【雑談】
10月の和風月名(旧暦の月名)
「神無月」は

日本中の神様が
大切な話し合いのために
出雲大社に出掛けてしまい

神様が居なくなる月

という意味なのですが

さすがにソレでは困るので
留守番を託された神様がいます。

その代表格が

お馴染み「アノ」えびす様。

日本各地で10月に行われる
「えびす講」は

そんなえびす様に感謝を込めて
(なぐさめるために?笑)
行われるようになったそうです!

なんか可愛い。
(笑)


それでは
メイントピックどうぞ!

―――――――――――――――
主観的で抽象的で妄想的な話
―――――――――――――――

スミマセン。
先に謝っておきます。
(笑)

今回は非ッ常に

主観的で抽象的で妄想的なコト

を書かせていただきます!
m(__)m


ココのところ、
ありがたいコトに

憧れて止まない

というに値する
ビジネスのスタイルを
垣間見る機会が続きまして

「ソレ」が頭から離れない

でも

「ソレ」が何なのか
具体的に分からない・汗

みたいな状態の真っただ中です。
(早速、怪しい・・・!?)

つきましては
(誠に勝手ながら)
僕自身の整理もかねて
書かせていただきます。

少々お付き合いください。

―――――――――――――――
例えば、こんな感じです
―――――――――――――――

そのビジネスのスタイルのコトを
暫定的に

美しい商い

と呼ばせていただきます。

その定義が今のところ
非常に曖昧で僕の中で
定まっていないのですが
ソレはまさしく

琴線に触れる

という言葉が当てはまるモノ
なんです。

―――――――――――――――
毒舌・・・、ではありません・汗
―――――――――――――――

ソレを明らかにするために
誤解を恐れずに書いてみます。

ソレが僕にとって

憧れて止まない
ビジネスのスタイル

であるのと同じく

世間一般的には
モノ凄く評価されるビジネス
(のスタイル)、

例えば業績も規模もグングン
成長していくようなモノ

であっても

スゴイとは思うけど
全く憧れない

というモノも少なくありません。

※個人の感想です・笑

―――――――――――――――
ペラくなるけど、言葉にするなら
―――――――――――――――

ソレは仮に言葉にするとしたら

「ヲカシさ」があって

社会に(少なからぬ)良い影響を
与えるモノであって

事業者の「中」から湧き出るモノ
であって

事業として成立しているモノ

という感じでしょうか?


―――――――――――――――
でも、コレって意外と・・・!?
―――――――――――――――

冒頭に書いた通り、

非ッ常に
主観的で抽象的で妄想的では
ありますが

一方で、客観的に考えてみると

意外と(?)

現在の成熟社会の中で求められる
ビジネススタイル

なのかもしれませんよ!

というコトで
このまま次回に続きます!
今しばらくお付き合いください。
(^^)v

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。


【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!

 【物語型集客術メールマガジン】
  https://www.warau-kado.com/mailmag/acc.cgi?id=150328106091757

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
 https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
 https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
 https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
 【ブログの前に!FBの前に!
  理想の顧客がドンドン集まる
  魔法のキャッチコピー作成講座】
  (無料)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/p5656

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。