スタッフブログ

「コレで」狭くて強い(少し自虐的な・笑)共感を得る

2021年09月27日 スタッフブログ

高校以来、30数年の
プリプリ・ファンですが
フェイバリットは
このアルバムです。

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き

現在、既にシリーズも
第3弾となっており

2ヶ月間で5,000個超えの
大ヒットとなっている

大宮ガチャ

について
書かせていただきました。

大変、僭越ながら
(勝手に・笑)ヒットの要因を

●ゲーム性
●コンプ願望
●希少性
●アイデンティティ&共感
●エモさ
●祭り

と分析させていただき
1つ1つについて解説させて
いただいています。

―――――――――――――――
絞り込みの絶妙さ
―――――――――――――――

というコトで、
前回は

●希少性

について

絞り込みの絶妙さ


今回のヒットに少なからぬ影響を
もたらせている

と書かせていただきました。

ココで云う「絶妙さ」とは?

―――――――――――――――
例えば、横浜なのに保土ヶ谷・汗
―――――――――――――――

地域ネタでは
非常に良くありがちなのが

対象エリアが広すぎ

という問題です。

例えば
僕の地元は横浜市・・・、
ではありますが

ココ、
保土ヶ谷区って
世間一般が思い浮かべる

アノ横浜

とはチョット違います。
(汗)

―――――――――――――――
少し自虐的な共感
―――――――――――――――

なので、
保土ヶ谷で

アノ横浜カラー

を前面に出しても

ソレ、チョット違う

という印象を与えるだけ
になってしまいます。

逆に
横浜なのにアノ横浜ではない

コノ保土ヶ谷カラー

を前面に出すコトで

ソレを
「知る人ぞ知る人たち」から

「そうそう」「あるある」
「ソレソレ」

という

狭く強い
(そして少し自虐的な?・笑)
共感が得られるワケです。


―――――――――――――――
もっとずっと大都会です・笑
―――――――――――――――

つまり
↑に挙げた

●アイデンティティ&共感

にも繋がるワケで、
まさしく

大宮ガチャ

に通じるところでは
ないでしょうか?

※大宮の皆さま、
 勝手に同類扱いして
 スミマセン
 (笑)

※大宮は新幹線も止まる
 「大ターミナル駅」もあり
 保土ヶ谷より
 全ッ然、大都会です。
 (フォロー・笑)
 
というワケで
次回に続きます!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。


【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!

【物語型集客術メールマガジン】
 https://www.warau-kado.com/mailmag/acc.cgi?id=150328106091757

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
 https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
 https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
 https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
 ブログの前に!FBの前に!
 理想の顧客がドンドン集まる
 魔法のキャッチコピー作成講座</a>
 (無料)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/p5656

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。