スタッフブログ

なので・なので・そのために・そのために

2021年09月16日 スタッフブログ

『本能寺の変
 431年目の真実』

今更ながら読みました!

色々と興味深い内容ですが
個人的には特に
ココで説かれている

信長の更なる野望について
他の専門家の見解も
聴いてみたいところです!

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き

商店街・三種の神器

と呼ばれている

●まちゼミ
●100円商店街
●バル

を取り上げつつ

ソレだけ全国的に
成果を上げている事業でさえも
本質を見落してしまい
機会を活かしそびれてしまう
商店主が少なくなく

ソレを防ぐ心掛けとして

「ナゼ?」「ナンで?」
「ナンのために?」
を掘り下げるコトが大切

というコトを
書かせていただきました。

今回は、
ソレについてチョット具体的に。

―――――――――――――――
三種の神器・ココが秀逸!
―――――――――――――――

↑で例に挙げている

●まちゼミ
●100円商店街
●バル

のどこが秀逸なのかと言えば

本来、
最も手間・暇・お金が掛かる
新規集客が

(イベントに参加するだけで)
ほぼほぼ
オートマティカルにできてしまう

というコトです。

つまり、
(少し極端に聴こえるかも
 しれませんが)
従来であれば
ソレ相応の手間・暇・お金を
費やしたとしても

出逢うコトがなかったであろう
お客様と出逢う機会を得られる

という

超々高い価値があるイベント

なのですが。

―――――――――――――――
ナゼ・ナンで・ナンのために
―――――――――――――――

ソコに気付けないと

ソレやっていくら儲かる?

になってしまう、
というコトです。
(汗)

なのですが、ココで

「ナゼ?」「ナンで?」
「ナンのために?」
を掘り下げるコトで

イベントを機に
初来店のお客様がいらっしゃる
→(なので)リストを取れる
→(なので)リピートの
 可能性が生まれる

というコトが
発想できるワケです。

―――――――――――――――
そのために・そのために
―――――――――――――――

さらに言えば
↑を逆算して

リピートの可能性が生まれる
→(そのために)
 リストに登録したくなる
 仕掛けを考える
→(そのために)
 来店動機をシッカリ作る
→(そのために)
 来店者用の特典をシッカリ作る

というコトまで
発想できますよね!

―――――――――――――――
釈迦に説法でしたらスミマセン!
―――――――――――――――

繰り返しますが、
↑の発想、くれぐれも
商店街や三種の神器に
限った話ではありません!

あなたも
ぜひ、意識してみてください!

※釈迦に説法でしたら
 ご容赦ください!!
 (汗)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。


【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
『物語型集客術メールマガジン』
 https://www.warau-kado.com/mailmag/acc.cgi?id=150328106091757

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
 https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
 https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
 https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
 ブログの前に!FBの前に!
 理想の顧客がドンドン集まる
 魔法のキャッチコピー作成講座</a>
 (無料)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/p5656

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。