スタッフブログ

商店主が陥りがちな近視眼的視点とその理由

2021年09月09日 スタッフブログ

チョット小耳に挟んだので
試してみたら・・・、

ハマりました。
塩コーヒー。

ご興味ある方は是非!
「ホンの一つまみ」ですよ!

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は

その成果の大きさから

商店街・三種の神器

と呼ばれるようになり
全国に広がった

●まちゼミ
●100円商店街
●バル

を取り上げさせて
いただきました。

一方、
そのように
全国で成果が出ている取り組み
でさえも

一番苦労するのが

商店街加盟各店への
参加の呼び掛け

だそうで

その理由は
各店がソレらの事業の

秀逸な仕組みや
そもそもの目的

という
本質に気付けないから

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
商店街あるある・近視眼的視点
―――――――――――――――

蛇足ながら
僕自身も同様の経験が
少なからずあるので
分かりますが

ソレらの提案に
ポンポォーン
という

心地良いリアクションが
できないお店が見ているのは

ソレをやるといくら儲かるのか

という
非常に近視眼的なところ
なんです・・・。

―――――――――――――――
このために書かせていただきます
―――――――――――――――

で、
ココで書かせていただきたいのは
そのような視点しか持てない
店主たちの批判ではなく

なぜそうなってしまうのか

という原因を共有しつつ

この変化の激しい時代に
日々、常々、僕たちが関わる
あらゆるモノゴトに対して

ソコに陥っていないかのチェック

が出来るようになれば、
というコトなんです。

―――――――――――――――
聴きかじりの受け売りですが・笑
―――――――――――――――

という前置きをしつつ
本題に戻りますが

なぜ、
少なからぬ商店街加盟店が
↑のような視点に陥りがちなのか

というと
聴きかじった話の
ザックリした受け売りですが
(笑)

人間の脳が
そのようにできているから

というコトらしいんですね。

つまり、

目の前で起きているコトの処理を
最優先するようにできている

というコトだそうです。

―――――――――――――――
ソレ、僕も含めて、ですが
―――――――――――――――

と言われるとケッコー納得で

しかも

ソレって
商店街に限らず
三種の神器に限らずで

様々なモノゴトや様々なヒトに
当てはまるように思えます。

ソレはもちろん、
僕自身も含めて、
なのですが。


―――――――――――――――
次回に続きます!
―――――――――――――――

というコトで、次回、
もう少し

商店街・三種の神器

を材料に

僕たちが陥りがちな視点と
モノゴトの本質も見つけ方

みたいな話を
させていただきます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。


【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!

【物語型集客術メールマガジン】
 https://www.warau-kado.com/mailmag/acc.cgi?id=150328106091757

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座
(無料)
https://peraichi.com/landing_pages/view/p5656

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。