スタッフブログ

分解&掛け算で今のウチに新しい価値を創り続ける

2021年08月30日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き

新型コロナウィルス感染症
(COVID-19)が

史上最強の猛威

を奮っている中、

事業の未来を
コロナの収束に委ねない思考を
創り出すヒント

について
書かせていただきました。

―――――――――――――――
分解&掛け算
―――――――――――――――

コロナが無くても

VUCAの時代

と呼ばれるような

変化が激しく
正解を見つけにくい今、

常に試行錯誤をし続けなければ
いけません。

そのための対策として
前回、提案させていただいた

分解 & 掛け算

は様々な場面で
活用できるのではないかと
思います!

―――――――――――――――
イベントの魅力要素とコロナ対策
―――――――――――――――

今回は、
従来、商店街をはじめ
地域密着型の各団体が尽力し
多くの人に愛されてきた
大量集客型のイベントを題材に

イベントの魅力の要素として

・お祭り感
・グルメ
・逸品販売
・ゲーム
・パフォーマンス
・お酒

を、

コロナ対策として

・分散
・非接触
・リモート
・新鮮な空気
・こまめな手洗い
・DX

を挙げてみました。

さてさて、
コレらを組み合わせると
どんな発想が
生まれるでしょうか?

―――――――――――――――
「集まる喜び」を割り切って
―――――――――――――――

あくまでも一例で、かつ、
コレらが正解というワケでは
ありませんし、
実務的には様々な課題が
生じるとは思いますが

まずは「発想」として
お読みください。

そもそも
大型のイベントって
集まるコトで生まれる賑わい
(=お祭り感)こそが
大きな価値ではあるのですが。

コロナ禍の今、

ソコは割り切るしかない
(苦)

というコトで

・分散 × グルメ
・分散 × 逸品販売
・分散 × パフォーマンス

つまり、
従来、1日もしくは
大掛かりなモノで2日間で
開催していたイベントを

3日・1週間・10日間など
規模に応じて
「開催期間」を設けては
いかがでしょうか?

もちろん、
実際には
通行止めや道路使用の許可、
あるいは近隣へのお断りなど
様々な課題が生じるとは
思いますが。

―――――――――――――――
非接触・リモート・DXの活用で
―――――――――――――――

非接触・リモート・DX
    ×
グルメ・逸品販売・
パフォーマンス

で、

パフォーマンスのライブ中継、
グルメ・逸品の
テイクアウト&デリバリ


いかがでしょうか?

リアルのお祭り感と比べたら
迫力には欠けるかもしれませんが

(今も尚ありがちな)
少し感染が落ち着いている間に
準備を進めていたのに
開催直前に感染が拡大し中止

みたいなコトに
脅えずには済むのでは!?

―――――――――――――――
終わりが見えない今のウチに!
―――――――――――――――

いずれにせよ、
従来と同じ価値を再現するコトは
できませんし、

逆に
新しい取り組みだからこその
価値が生まれる可能性も
多々あります。

大切なのは

思考を止めない
考え続けるコト

ではないでしょうか?

まだまだ終わりが見えない
コロナ禍。

この間に新しいモノ
創っちゃいましょう!

尚、最後にもう1つ、
ケッコー大切なコトを。

↑コレらは全て手段です。

何のためにソレをやるのか

この機会に今一度、

目的の見直し


やっちゃいましょー!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。