スタッフブログ

価格以外でお客様の心を動かす情報の見つけ方

2021年08月05日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き

心を満たす感性的な価値

について
書かせていただきました。

前回はマンゴーを例に

価格(と個数)しか
表示していない場合と

感性に訴える情報も
併せて表示した場合との

お客さまの反応の違いを
シミュレーションしてみました。

その結果、当然ながら。

―――――――――――――――
まずはココです
―――――――――――――――

まぁー、
価格しか知らされてなければ

購入するかどうかの判断材料は
価格だけになりますよね。
そうせざるを得ない。

でも、
価格や個数を書くだけの方が
売る側としては手間が掛からず
効率的です。

と、いうワケで、ココです。

まずは

お客様の方を向いて商いをする

ですね。

―――――――――――――――
師匠の教え
―――――――――――――――

くれぐれも
モラルや心構え(だけ)の話では
ありません。

物理的に、現実的に

お客様の方を向くワケです。

そう言えば僕も創業当時、
師匠から

お客様に成り切るコト

と教わりました。

・・・今でもできていませんが。
(泣)

でも、
つまりはそういうコトですね!

―――――――――――――――
こんなコトでプチ・トレーニング
―――――――――――――――

コレに関して
僕が(コレでも一応・・・)
普段、心掛けているコトの1つが

自分がほしくなったり
実際に買ったりしたモノ、

あるいは逆に
ほしくならなかったモノ、
買うのを止めたモノ

を振り返り

なんでそういう感情になったのか
なんでその判断に至ったのか

を振り返っています。

あくまでも、
半ばゲーム感覚で、ですが。

―――――――――――――――
蛇足ですが、ソレ以外にも
―――――――――――――――

もう少し付け足すと、
「買う」か「買わないか」の
場合だけでなくても良くて

やろうとしていたのに止めた
とか

やるつもりでは無かったのに
思わずやってしまった
とか

そういうコトも含めて、です。

―――――――――――――――
少しは成果も!?
―――――――――――――――

ソレが功を奏しているのか
分かりませんし、

そもそも
出来ているかどうかも
定かではありませんが・汗

最近、ほんとうに少ぉーしかも
しれませんが

特に
誰かと意見が合わなかった時
などは

その人が何を見て
(何を見ていなくて)
その意見に至ったのか

と考えられるクセみたいなのが
付いてきたような気がします。

―――――――――――――――
その先に見えてくるモノ
―――――――――――――――

恐らく、
コレに慣れてくると

お客様に価格(と数量)以外に
何を伝えれば心が動くのか

が見えてくるようになると
思います。

ぜひ、お試しください!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。