スタッフブログ

お客様に価格で決めさせてしまっている超典型的な事例

2021年08月02日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き

心を満たす感性的な価値

について
書かせていただきました。

圧倒的大多数の
売る側の人たちが

今でもソレを伝えるのが苦手

というコトで

伝える際のポイント(?)
として

●難しく考えない
●メンドクサがらない
●お客様の方を向く

という3点を
挙げさせていただきました。

とは言え、

具体的にはどういうコトなのか?

というと。

―――――――――――――――
まずは実験です
―――――――――――――――

まずはコチラの写真を
ご覧ください。

↑コレが店頭で

2L・3玉 11,000円(税込み)

しか表示されていないとしたら

ソレを見た
あなたが

まず最初に思い浮かべるのは
どんなコトでしょうか?

―――――――――――――――
ウワッ!高ッ!!>美味しそう
―――――――――――――――

「ウワッ!高ッ!!」

って感じではないでしょうか?

さらに言えば

「美味しそう」よりも
「ウワッ!高ッ!!」

印象の方が強くありませんか?

では、
同じ商品に対して
以下のようなPOPが
書かれていたら

どのような印象になりますか?

―――――――――――――――
南国の太陽と海から生まれた果実
―――――――――――――――

南国の太陽と海から生まれた果実

沖縄の太陽をタップリと浴び
美しい海に面した農園の
ミネラルが豊富な土で
糖度がマックスに達するまで
熟成させた完熟マンゴー

溢れんばかりの果汁と
とろけるほどの
甘さと柔らかさが
クチいっぱいに広がります♪

2L・3玉 11,000円(税込み)

―――――――――――――――
心が動いたコトを祈りつつ・苦
―――――――――――――――

(できれば
「メチャクチャ食べたく
なりました!」
と言ってほしいところ、
・・・ですが・笑)

控え目に言っても
少し印象が変わって

↑の

「ウワッ!高ッ!!」

よりは

「食べてみたい!」

の方に
心が動いたのでは
ないでしょうか?

(「そうだ」という前提で
話を進めます・汗)

ソレはなぜかと言いますと。

―――――――――――――――
「ウワッ!高ッ!!」になる理由
―――――――――――――――

情報の「質」と「量」の違い
ですね。

前者が発信している
具体的な情報は
数量と価格のみですよね。

商品が形のあるモノで
あったとしても

お客様はソレ自体からは
抽象的なイメージしか
受け取れませんよね。

なので
「美味しそう」よりも
「ウワッ!高ッ!!」になる、
というワケです。

一方で後者はというと。

―――――――――――――――
情緒的な情報とメリットの発信
―――――――――――――――

具体的な情報(文字)として

その商品が今日に至るまでの物語

という人が好む情緒的な情報と

ソレを手に入れるコトで
お客様自身が得られる
(感覚的な)メリット

を伝えています。

つまり

心を満たす感性的な価値

を発信している、
というコトですね!

―――――――――――――――
実践方法をお伝えします!
―――――――――――――――

というコトで
次回以降、↑を参考にしつつ

●難しく考えない
●メンドクサがらない
●お客様の方を向く

を実践する方法を
お伝えしていきます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。