スタッフブログ

今もなお、多くの売り手がその価値を伝えられない理由

2021年07月26日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き

心を満たす感性的な商品

について
書かせていただきました。

世の中が完全に
ソチラを求める時代になって
久しいにも関わらず

圧倒的大多数の
売る側の人たちが

今でもソレを伝えるコトに
まーったく慣れていなさ過ぎ

というコトを
書かせていただきました。

なぜか?

―――――――――――――――
その理由に一刀両断!?
―――――――――――――――

まぁー、

一刀両断

のごとく言ってしまえば

●難しい
●メンドクサイ
●お客様の方を向いて
 商売をしていない
などなど

だから

というコトでしょう。

↑こーゆーコト書くから
嫌われるんだ・・・。

というコトで
以下、申し開き(?)です。

―――――――――――――――
とは言え、僕も出来てません
―――――――――――――――

↑のコト、
ダメ出しのように書いていますが
(ダメ出しですけど・笑)

ソレを僕が出来ているのかと
言われると

ほぼほぼ完全に出来ていません。

なぜならば、

お客様の感性に訴えるPRなんて
難しいしメンドクサイです。

価格だけ書いておいた方が
簡単・手間いらずだし

ソレで説明不足だと言うなら

機能・性能・原材料などを
分かる情報を入れておけば
説明として間違いは
ありませんよね。

―――――――――――――――
そんなコト言おうものなら!?
―――――――――――――――

お客様の方を向いて商売しろって
言ったって

お客さまなんて
買いたいモノも人ソレゾレだし
一人一人の御用聞きなんて
できるワケないし

「何でも言ってください」
なんて言ったら
ホントに何でも言いかねません、
よね!?

―――――――――――――――
なんて、書いてみたモノの・・・
―――――――――――――――

う~ん。

試しに書いてみましたが
↑を自分の言葉と思って書くと
胸がエグられる気持ちですな。
(汗)

とは言え

自分の手間暇など
チョット間違えた効率化を
優先するクセの積み重ねが

今の僕たちの常識に
なってしまっていて

その結果、
今になってもまだ

喜びとか楽しさ・嬉しさなどの
心で感じる価値

を伝えられない原因に
なっているのかも
しれませんね。

―――――――――――――――
そのために意識すべきポイント
―――――――――――――――

というコトで次回は

心を満たす感性的な価値

を伝えるために
意識すべきポイント

みたいなコトを
書かせていただきます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。