スタッフブログ

多くの売るヒトが伝えられないお客様が求めるこの側面

2021年07月19日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は

今後、益々、加速度を上げて
消費の中心となっていくであろう

心を満たす感性的な商品

従来(というか「かつて」?)の
消費の中心だった

物理的なモノとしての商品

の違いについて
投げ掛けさせていただきました。

その中で、くれぐれも

形のある商品が
物理的なモノとしての商品
というコトではない

という点を
強調させていただきました。

―――――――――――――――
商品が持つ2つの側面
―――――――――――――――

どういうコトなのかというと
大括りに言うと

商品には2つの側面があって

1つは機能やスペック、
あるいは利便性などと呼ばれる
側面で

もう1つは
喜びとか楽しさ・嬉しさといった
心で感じる側面ですね。

↑でいう「側面」は

「価値」や「ベネフィット」

という言葉にも
置き換えられますね!

―――――――――――――――
なのですが
―――――――――――――――

で、
「価値」や「ベネフィット」の
定義や違いについて
ココで色々と書くのは割愛させて
いただきますが

世の中は機能やスペックよりも
心が満たされるコトを
望んでいる

というコト、なのですが。

なのですが

大きな問題は
(ブッチャケ)売る側にあって

自分たちで扱っている
様々な優れた商品・サービスの

人々に与えられる
喜びとか楽しさ・嬉しさといった
心で感じる側面

伝えるコトに慣れてなさすぎる

というコトですね。
(汗)

―――――――――――――――
例えば、車のCM・今昔
―――――――――――――――

先日、人から聴いて
「あぁ、そうだっけ」
なんて思って
確認もしていないのですが

※↑ご容赦ください・笑

自動車のCMって
以前は機能・性能寄りのPRが
メインでしたっけ?

今は

家族でキャンプに行ける

とか

親子で男旅ができる

とか

(使用の)シーンを見せて
価値を伝えるCMが
ごく当たり前ですよね。

そんな感じです。

―――――――――――――――
なぜソチラに慣れていかない?
―――――――――――――――

では、

世の中の価値観が
ソチラにシフトしているのを
分かっていながらも

なぜ、
多くの人がソレを伝えるコトに
慣れていけないのか?

という話なのですが
少し長くなりそうなので
次回にします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。