スタッフブログ

DXがもたらしている「心を満たす感性的なモノ消費革命」

2021年07月08日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き

現在、世の中に大変動を
引き起こしている根源である
(と考えている)

●人口減少
●成熟社会
●DX

について
書かせていただきました。

人口増加が停滞した
江戸時代中期~後期と
現在との共通点の1つが

サブカル(?)の発展・笑

であって、
そこには

1つの法則性がある

という仮説を打ち出しました。

―――――――――――――――
モノからココロへ変わる法則
―――――――――――――――

人口増加=生産力増加
=経済成長

と捉え

人口が増加して
経済が成長しはじめた当初は

物理的なモノ

を欲する傾向があり

ソレがある程度、満たされたり
あるいは

人口の増加が停滞したり
減少するようになると

心を満たす感性的なモノ

を求めるようになるのでは?

と、いうコトです。

―――――――――――――――
今以上に重宝されます
―――――――――――――――

で、↑を正しいとして
コレからを予測すると

モノは余り続け
人口は減少し続ける日本では

今後もしばらく
サブカル・・・、に限らず
(笑)

心を満たす感性的なモノ

が今以上に重宝されるようになる

というコトになりますね!

―――――――――――――――
その方向への重要なファクター
―――――――――――――――

まぁー、
僕の仮説はともかくとして

心を満たす感性的なモノ

が今以上に重宝される

というのは
想像に難くありませんよね!

そして
その欲求に応えようとすることで

文化文政時代のように
文化が爆発的に発展するワケ
なのですが

そのための重要なファクターに
なるのが

●成熟社会
●DX

でもあるワケです。

―――――――――――――――
この進化の早さは圧倒的!
―――――――――――――――

まずはDXからですが

デジタル技術が

心を満たす感性的なモノの
クオリティを高めていく

というのは
決して想像しにくいコトでは
ありませんよね。

例えば映像技術。

昨今の映画・ドラマなどの
映像の美しさはもちろん、

昨年のコロナ禍で
ライブイベントは
オンライン化せざるを得ない状況に
追い込まれましたが

オンラインならではの
バーチャルな演出の対応が
メチャクチャ早かったですよね!

―――――――――――――――
少し前までは「T」でした
―――――――――――――――

また別の切り口では
配信技術の発達です。

ホンのチョット前まで
自宅で映画を観たければ
TSUTAYAに行くのが
当たり前でした。
(TSUTAYAが業界を
席巻したコトだって
衝撃でしたが・・・)

ソレが今や普通に配信です。

そんな風にDXのチカラが
エンターテイメントの
インフラ自体も
大きく変えていますよね!

―――――――――――――――
では、成熟社会との関係は?
―――――――――――――――

一方で

心を満たす感性的なモノ
求められる時代と

成熟社会って
どんな関係があるのでしょうか?

次回に続きます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。