スタッフブログ

昔も今も人は変わらず? 人口の増減・経済成長・人の欲求

2021年07月05日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き

現在の激しい変化の根源と
(僕が勝手に・笑)考えている

●人口減少
●成熟社会
●DX

について
書かせていただきました。

日本では過去3回、
人口の増加が止まった時代があり

直近は江戸時代中~後期の
約130年で

その終盤は
江戸を中心に町人文化が
最盛期を迎えたと言われる

文化文政時代

に当たります。

そのコトから
人口増加の停滞と文化の発展は
単なる偶然ではない

と勝手に仮説を立てているの
ですが・・・。

―――――――――――――――
スッゴク当たり前なのですが・笑
―――――――――――――――

人口増加が止まる手前が
人口増加のピークであり

人口増加が止まるまでは
人口は増え続けていたワケです。
(当たり前ですね・笑)

江戸時代の経済の仕組みを
知らないので
ソコが間違えていれば
この仮説はココで終了・・・、

なのですが
仮に、現在の経済の仕組みと
ソレほど大きく変わっていない
のであれば

単純にザックリ言って

人口が増え続けている間は
生産量が増え続け
経済が成長し続けていた

というコトになります。

―――――――――――――――
経済成長と人の欲求の法則(?)
―――――――――――――――

↑あまり下調べせずに
書いてますが・笑

実際、江戸時代の商人って
ケッコーなお金持ちが多かった、

のですよね??

そうだったとして、
日本のバブル、中国の爆買いを
振り返っても分かる通り

経済が成長して
所得が「低」→「中」「高」と
なっていく時、

人がまず満たしたくなるのが

 物欲

なのではないでしょうか??

―――――――――――――――
物欲が満たされた、その後は
―――――――――――――――

少し言い方を変えると

今まで買えなかった
物理的なモノ

さらには
より良い・より高い物理的なモノ

なのでは?

そして、
その傾向が落ち着いて
(=ある程度、欲が満たされて)

さらには経済成長や人口増加が
停滞したりすると

心を満たす感性的なモノ

を求めるようになるのでは
ないでしょうか??

―――――――――――――――
で、あるならば、コレからも
―――――――――――――――

もしも↑の仮説が正しければ

物理的なモノが溢れて
人口が減り続けている日本は
今後も益々、

心を満たす感性的なモノ

が求められるはずで、
さらに言えば

ソレらの発展の方向性を
読み取るのに
欠かせないファクターとして

●成熟社会
●DX

が挙げられますよね!

次回に続きます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。