スタッフブログ

今、前提が変わっているというコトは

2021年06月10日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
唐突感バリバリですが
―――――――――――――――

昨今の
(主に大手小売業の)
デジタルシフトと掛けまして

書籍
『本能寺の変
 431年目の真実』
と解きます

その心は!

原因があって結果があります。

原因となる前提が変われば
当然、結果が変わってきます。

逆に言えば
望ましくない結果が
出ているにも関わらず

(原因を探らずに)
従来通りの取り組みを
続けていれば

いつまで経っても
良い結果にならないのは
当然であって。

―――――――――――――――
前提が違っていたの!?
―――――――――――――――

(世の中は
幕末ブームのよう?ですが)

今更ながら
↑の書籍がキッカケで

本能寺の変にハマっています。
( ̄▽ ̄;)

何が面白いのかと言うと

明智光秀が謀反を起こした理由は

(今のところ)
織田信長に対する恨みや
自身の天下取りの野望

とされていますが、

そもそも
その根拠となる史料が
間違えている

という切り口から
著者独自の「新説」が
説かれています。

ソリャ、
インプットが違ってたら
アウトプットだって
変わりますよね。

―――――――――――――――
前提が変わってしまったので
―――――――――――――――

話は変わりますが

6月2日(水)の
日経MJによると

大手小売業のデジタルシフトが
さらに加速しているそうです。

従来、
店舗の数を増やすコトこそが
売り上げの最大化や
市場の優位性に有効、
「だった」ものの

人口減少や市場縮小、
さらにはコロナの影響も含めた
消費行動の変化
原因なのでしょう。

現在はDXへの投資がメインに
なっているそうです。

―――――――――――――――
前提が変わっているのに
―――――――――――――――

そんな中、
中小企業や小規模事業者、
個人店などが

意外と
ドッカリしている印象が
ありませんか!?

もちろん、
コロナ禍で売り上げへの影響は
出ているモノの

「ソレはソレ」
「今はガマン」

みたいな声を聴くコトも
少なくなく。
(汗)

―――――――――――――――
アノ時も、最後に来ました
―――――――――――――――

何がコワイかと言うと、

規模の小さい事業の場合、

(一見)
受けるダメージも小さく
起きている変化が見えにくい
という側面もあります。

バブル崩壊時も
一番最後に(大)ダメージが
押し寄せてきたのも
規模の小さい事業者でした。

そして、
世の中の変化は
「確実に」「大きく」
起きています。

というコトは・・・。

―――――――――――――――
僭越ながら、こんなコトを
―――――――――――――――

というコトで、
次回以降、

今、起きている変化と備え

みたいなコトを
書かせていただきます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。