スタッフブログ

アリガチな超コワイ誤解とその防止策

2021年06月03日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き

AIDMAの法則

について
書かせていただきました。

AIDMAの法則

を販促活動で活用する際、

各々のステージで
お客様が
次のステージへと
進んで行く仕掛けが大切で

そのためには

各ステージに
ゴールを設定するコトが必須

というコトになります。

―――――――――――――――
ゴール設定の大きなメリット
―――――――――――――――

「必須」なんて書いてしまうと
少しハードな印象になるかも
しれませんが

この設定があるコトによって
お客様がこちらの想定通りには
行動してくれない時、

修正・改善がしやすくなる

のです。

どういうコトかと言うと。

―――――――――――――――
前回の事例で言うと
―――――――――――――――

例えば前回、

父の日限定!
スペシャル・ミールキット
(数量限定・要予約)

という商品を販売する際、
店の前を通る人に対して

A看板を使って
その商品を知ってもらい
(Attension)

同時に
ビジュアル(商品写真)や
キャッチコピーを練るコトで
ソレを見た人が
興味・関心を持つ
(Interest)

という設計をしました。

が。

―――――――――――――――
この場合のゴールは
―――――――――――――――

この時、

A(Attension=気付く)の
ゴールは

A看板を見てもらうコト

です。

なのですが、

A看板の設置の仕方
(向きなど)が悪かったり
すると

ソレだけで
設定したゴールには
辿り着けなくなりますよね。

―――――――――――――――
ソレによって起きる悲劇
―――――――――――――――

通行人からすると
商品の存在にも気付けないので

当然ながら
興味を持つコトも無ければ
ほしくなるコトも無いワケです。

すると、当然ながら
その商品は売れないワケですが。

この時、
お店の人は大きな誤解を
しがちなんです。

ソレは何かというと・・・、

・コレは売れない商品なんだ
・コロナだからだな
・価格が高すぎたかな?
etc.

―――――――――――――――
こんな間違いをしちゃダメです!
―――――――――――――――

↑コレ、
超コワイ誤解じゃありませんか?

スゴク良い商品を適正な価格で
販売でき
お客様に喜んでいただく機会を
失ってしまうワケですから。

もちろん、正解は

A型看板が目に入らなかったので
商品自体を知らないだけ

です。

なので、
A看板の位置を直すコトで
お客様が次のステージに
進んでくれる可能性が
グッと高くなるワケですね!

―――――――――――――――
コレが効果の1つです!
―――――――――――――――

つまり、
AIDMAの法則に則って

ステージを細分化し

各ステージのゴールを設定

するコトで

修正・改善するポイントが
分かりやすくなり
上記のような誤解を
避けれらるのです。

次回、もう少し補足します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。