スタッフブログ

「買うの止めた」あるある事例

2021年05月13日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き

AIDMAの法則

について
書かせていただきました。

A(Action=購買する)

「購買」という「行動」をする
という意味で

消費者の心理プロセスを描く
AIDMAの法則の中で

「行動」を描いている

という特徴を
挙げさせていただきました。

―――――――――――――――
コレがあって初めて成立
―――――――――――――――

コレも前回までの振り返りに
なりますが

「購買」とは
「買うという行動」があって
初めて成立するコトで

スーパーであればレジで精算する

ネット通販であれば
「確定」ボタンをポチッとする

不動産取引やコンサルティング
などの契約であれば
契約書に捺印やサインをする

などの

行動(=Action)があって
初めて成立する

というコトです。

つまり、逆に言えば。

―――――――――――――――
せっかくココまで進んでも
―――――――――――――――

AIDMAの法則
なぞらえていうのであれば

ある商品の存在に気付いて
(Attension)

ソレに興味を持って
(Interest)

ほしくなって
(Desire)

記憶に焼き付いて
(Memory)

買うコトを決めて
買いに出かけ
その商品を見つけて
手に取って
買い物かごに入れたとしても

レジで精算するまでは

購買(=Action)は
成立していない

というコトになります。

―――――――――――――――
「買うの止めた」あるある
―――――――――――――――

↑は少々、
極端かもしれませんが

実際に

「今度買おう」と思ったまま
時間が経って買わずじまい

とか

一度は買うコトを決めたものの
その後、違う情報を得て
気が変わった

とか

買いに行ったのに
商品が見つからなかった

とか

店員の対応が悪かったので
買うのを止めた

とか

カードで買いたかったのに
現金でしか買えなかったので
止めた

とか

セルフレジしか空いてなくて
ビビッて逃げた
(笑)

とか

一度は買うと決めたにも関わらず
何かしらの事情で

購買(=Action)

にまで至らなかった経験、
ありますよね?
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
「購買」への道はまだ続く
―――――――――――――――

というワケで

「買う」と決めていただくまでの
道のりも険しいですが

ソコから
「買う」という「行動」を
生み出すまでも
決して平坦ではなく

とは言え

ソレは決して
お客様次第とは限らず

むしろ、

自分たちの設計次第で
お客様が購買という行動をする
可能性が高められるワケです。

ソレについては次回に続きます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。