スタッフブログ

ぜひオススメしたい「地元素材」の活かし方

2021年02月08日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――前回も引き続き

ウィズ・コロナ時代に
僕たち小規模事業者・中小企業が
やるべきコトとして
挙げさせていただいた

●ファン・コミュニティづくり
●地域密着型ビジネスモデル
●ソーシャル・マーケティング

について
書かせていただきました。

―――――――――――――――
今、「地元」が注目されています
―――――――――――――――

今、
新型コロナウィルス感染症
(COVID-19)の影響で

自宅にいる時間が
長くなっている人が多く

そうなれば当然、
自宅の周辺(=地元)に
興味が湧くようになるし、

現実的に今、

地元に興味・関心を持つ人が
増えています。

その一方で、
長く住んでいる場所であっても
知らないコトって意外と多い、
というのが現実です。

なのですが、

その知られざる地域の魅力
(=地域資源=地元素材)

をどのように
ビジネスに活かしていけば良いか

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
素材を活かすコトが大切!
―――――――――――――――

で、
どのように活かしていけば良いか
というコトなのですが。

早い話、

地元素材 × モノ・コト
のカスタマイズ

ですね。

ココでいうモノ・コトとは

●商品・サービス
●イベント
●情報
●キャラクター
●ハード

などなどのコトになります。

―――――――――――――――
地元素材の活かし方
―――――――――――――――

例えば
飲食店であれば

地場野菜 × メニュー

で地場野菜を使った
オリジナル商品を作れますよね。

あるいは、
大河ドラマの舞台になるような
有名な歴史がある町であれば

名所旧跡 × 観光ツアー

というサービスを作れます。

※それほど有名な歴史でなくても
ツアーイベントは作れます

という書き方をすると、

「ウチは 飲食店でも
 旅行会社でもないから
 やっぱり
 地元素材は活かせない」

と言われてしまいそう・・・、

なのですが。

―――――――――――――――
ぜひぜひ、コレをおススメします
―――――――――――――――

コレはむしろ、
多くの事業者にオススメしたいし
やっていただきたいのですが

例えば

地元素材 × 情報

地域情報誌の作成や
インターネットを使った
地元情報の発信など


いかがでしょうか?

―――――――――――――――
知らないコトは価値のないモノ
―――――――――――――――

前回、
そして↑にも書いた通り、

地元のコトって
意外と知らないのです。

そして、
(意識さえもしませんが)

知らないコトは価値のないモノ

というコトになってしまいます。

そこで!

ぜひぜひ、

あなたこそが

地域情報発信の担い手

になっていただきたいのです!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
そんなコトをするメリットは?
―――――――――――――――

ではでは、
そんなコトをするメリットは?

というお話ですが

次回に続きます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。