スタッフブログ

今、「地元」が注目されるその理由とは!?

2021年02月04日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き

ウィズ・コロナ時代に
僕たち小規模事業者・中小企業が
やるべきコトとして
挙げさせていただいた

●ファン・コミュニティづくり
●地域密着型ビジネスモデル
●ソーシャル・マーケティング

について
書かせていただきました。

―――――――――――――――
「その感じ」の活かし方
―――――――――――――――

前回は
80年代・90年代とは異なり
現在の成熟社会ならではの

その感じ

があって、

そして今、

その感じ

を正確に把握し、活かすコトが
とても大切で

その活かし方の1つが
今、コロナ禍の影響もあり
注目されている

地元

なのだ、
というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
今、地元が注目される理由
―――――――――――――――

なぜ今、
地元が注目されているのか
という理由の一つは

(前述の通り)
紛れもなく

新型コロナウィルス感染症
(COVID-19)

の影響で
多くの人が外出自粛で

地元にいる時間が増えたから

です。

―――――――――――――――
弊社の調査によりますと
―――――――――――――――

で、地元で長い時間を
過ごすようになれば

ソコの楽しさを探すのは
当然のコトで

中でもそういう人たちが
最初に興味を持つのは

地元のお店

だそうです。
(笑う門調べ)

―――――――――――――――
意外と、地元あるある
―――――――――――――――

また、
長く住んでいても地元のコトって
意外と知らないコトばかりで

実は
毎日、前を通っていたのに
気付いていなかった
ステキな店があったり

実は
スゴイ製品を作っている企業が
近所にあったり

初詣くらいしか
行ったコトのない寺社に
スゴイ由緒があったり、

というコトは
ケッコーあるモノです。

で、
ソレらの事実と自分のビジネスが
どう繋がるのか

というコトなのですが。

―――――――――――――――
「地元素材」と呼びましょう
―――――――――――――――

まず、
ソレら地元のお宝を一般的には

地域資源

と呼びますが、ココでは

地元素材

と呼ぶコトにしましょう。

―――――――――――――――
大切なのは、素材の活かし方!
―――――――――――――――

改めて書くと、
地元素材には

名産・名物・名所旧跡・名人・
名店・歴史・伝統・行事・風景・
自然・技術・建築・習慣・言葉・
衣装・・・

などなどがあります。

そして、コレらはその名の通り、
あくまでも素材です。

大切なのは

コレらの価値ある素材を
どのように活かすのか

というコトなのですが。

ソレについては
次回に続きます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。