スタッフブログ

今、求められている「この感じ」を正しく理解できているか?

2021年02月01日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き

ウィズ・コロナ時代に
僕たち小規模事業者・中小企業が
やるべきコトとして
挙げさせていただいた

●ファン・コミュニティづくり
●地域密着型ビジネスモデル
●ソーシャル・マーケティング

について
書かせていただきました。

―――――――――――――――
今、消費者が求めているのは
―――――――――――――――

今どきの消費の傾向の
典型例の1つとして

応援消費

を挙げさせていただき、
今、ソレが盛り上がっている
背景として

自分のためだけの消費では
満たされず

より多くの人と感動を共有したい

という想いがあり、
ソレはつまり、

より高度な感動を求めている

と言えるのではないか

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
ソレは僕たちが提供できるのか?
―――――――――――――――

その仮説が当たっているとして、

では、
僕たち小規模事業者・中小企業が
提供できる

より高度な感動

って何!?

という話なのですが。

ソレを探るために、まずは、

世の中の価値観の変化

について、
昔と今を比べてみましょう。

―――――――――――――――
昔との価値観の違いを比較すると
―――――――――――――――

大きく変わっているなぁー、

と実感するモノの1つが

社会性とか倫理観

みたいなモノです。

例えば
ウケるお笑いのネタとか
流行るテレビ番組とか

30年前とは全ッ然、
違いますよね!
(笑)

「痛いの」とか
「過剰な毒舌」って

基本的に
NGみたいな風潮だし。

―――――――――――――――
「蛇足ながら」の象徴的な事例
―――――――――――――――

ココで引き合いに出すのも
ナンですが・笑

昭和末期を駆け抜けた
アノ国民的刑事ドラマ

『あぶない刑事』

の再放送を
数年前にテレビ神奈川で
やっていましたが

番組の冒頭に

「作品のオリジナリティを尊重し
 当時のままで放送します」

みたいなテロップが
出ていました。
(笑)

―――――――――――――――
↑の感じ、正しく理解できますか
―――――――――――――――

で、
すごく抽象的な表現に
なってしまいますが、

その感じ

を把握できるかどうかが
大切だと思っています。

くれぐれも
「地味」とか「無難」とかって
受け取ると
間違える気がします。

―――――――――――――――
その感じを反映しつつ、なのは!
―――――――――――――――

で、

その感じ

が活かされつつ

且つ
僕たち小規模事業者・中小企業
でも(というか、だからこそ!)
参入できて

さらには
コロナ禍の巣ごもり生活が
相まって

今、注目されているのが

 地元

なんです!

―――――――――――――――
次回はこの話です!
―――――――――――――――

というワケで、
次回は

地域密着型ビジネスモデル

について
書かせていただきます!

追伸

今日から2月!
あさっては立春。
暦の上で
新しい1年のスタートです。

改めて、
ハリキッていきましょう!!
(≧▽≦)

※今年の立春は2月3日です!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。