スタッフブログ

応援したい人たちが求めているモノ

2021年01月28日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き
ウィズ・コロナ時代に
僕たち小規模事業者・中小企業が
やるべきコトとして
挙げさせていただいた

●ファン・コミュニティづくり
●地域密着型ビジネスモデル
●ソーシャル・マーケティング

の内、

ファン・コミュニティづくり

に関連した話を
書かせていただきました。

―――――――――――――――
その意味が分からない人の傾向
―――――――――――――――

どうしても
リピーターづくりや
ファンづくりなど

お客様との関係を良くして
末永くお付き合いいただくコトが
大切

という意味が分からない人が
一定数(以上?)いらっしゃり、

その人たち全てとは
言わないまでも

傾向として考えられるのは

お客様を売る相手としか
見ていないからなのでは

というコトを
書かせていただきました。

で、
ソレでは何がいけないのか

というコトなのですが。

―――――――――――――――
現実的に盛り上がっている消費
―――――――――――――――

少し違う切り口から
書かせていただきます。

最近のトレンドとして
良く挙げられる

応援消費

です。

多くのスタートアップ事業、
あるいは
コロナ禍で苦戦を強いられている
飲食店や医療従事者への支援で

クラウドファンディングを
はじめとした様々なサポートが
盛り上がっているように

がんばっている人を応援したい!

という
消費(?)も増えています。

―――――――――――――――
その人たちが得たいモノとは
―――――――――――――――

コレって、
もちろん純粋に

「助けたい」「支えたい」

「応援したい」

という気持ちがあっての
行動だとは思いますが

一方で

より高度(?)な感動を
求めている

とも言えますよね。

―――――――――――――――
ソレは、祭りに参加したい感じ
―――――――――――――――

ソレは

自分自身のためだけの消費では
満たされなくて

より多くの人と感動を共有したい

という価値観なのでは?

少し変な言い方をすれば

みんなが盛り上がっている
祭りに参加したい

みたいな感じですね!

もちろん、
様々な価値観がある中での1つ
ではありますが。

―――――――――――――――
その感覚はズレてますよね・汗
―――――――――――――――

で、こういう実態がある
成熟した世の中で

お客様は売る相手
売るコトがビジネス
売ったモン勝ち

みたいな感覚での

営業スマイル営業

って・・・、

↑のようなお客様が求めている
高度な感動とは
明らかにズレてますよね。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
求められていて応えらえるモノ
―――――――――――――――

時代錯誤な営業スマイル営業

とは言わないまでも

令和の時代にお客様が求めていて

僕たち小規模事業者・中小企業が
応えられるモノ

とは何か?

は考え続けなければ
いけませんよね。

というワケで、
次回はそんなコトを
書かせていただきます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。