スタッフブログ

世界観に没入させる仕掛け

2020年12月28日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
非常に残念な買い物体験を経て
―――――――――――――――

今年、最後の配信です。
ホントに大変な1年でしたね。

今回の記事、

先日、
体験した非常に残念な買い物に
基づく

ケッコーな反面教師ネタ

なのですが

新しい年を
より良くするためのヒント

になればと思います。

―――――――――――――――
とーってもオモシロイ商品なのに
―――――――――――――――

ソレは

江戸時代に大流行した
とある名物を復元(?)した商品

なのですが。

見せ方も売り方も
残念で仕方ない!

と言わざるを得ません。
(ToT)

―――――――――――――――
単なるモノとしての商品販売
―――――――――――――――

まず、
チョットした質問に対する
店員さんの回答が

アヤフヤで意味不明。
( ̄▽ ̄;)

パッケージなんて既製品?
「江戸っぽさ」どころか
商品名すらありません。

そして更には

商品を包んでくれたのは

ペラッペラの紙袋。
(コレも無地の既製品)

脱プラ?

不便で風情も一切ない

単なるモノとしての商品販売

という印象でした・・・。

―――――――――――――――
では、どうするのかと言えば
―――――――――――――――

改善云々以前に

自分たちが何を売っているのかを
知らないといけませんよね。

その商品であれば、
言葉にすると
チョット陳腐かもしれませんが

歴史文化であったり
江戸情緒であったり

そんな感じではないでしょうか?

―――――――――――――――
コレだけでも価値が変わりますね
―――――――――――――――

で、あるならば

せめてパッケージは
ソレっぽいデザインですよね。

そして
その商品の由緒が書かれた
リーフレットなんてあると
価値が上がりますよね。

脱プラ&コスト削減で
既製品の紙袋を使うなら

せめて
ソレっぽいデザインのシール
くらいは貼れるのでは?

―――――――――――――――
ソレがあるかないかで
―――――――――――――――

つまり、

その世界観に没入できる仕掛け

って、ところではないでしょうか?

ソレがあるかないかで
その商品への
期待感・ワクワク感は

雲泥の差

ですね!

―――――――――――――――
ソレを知るヒントあります、が
―――――――――――――――

とは言え、

自分の世界観って何!?
が難しいワケで・・・、

という話なのですが。

この前、
そのヒントになり得るやりとり
をしたばかりなので

機会があれば(?)
また書かせていただきます!

それでは皆様、
良いお年をお迎えください!

来年も
よろしくお願いいたします!!
(≧▽≦)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。