スタッフブログ

販促ネタで「ウケない・響かない」の双璧を成すもう1つの話

2020年11月30日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
ウケない話の双璧を成す1つ
―――――――――――――――

前回・前々回と
書かせていただいた

販促はツールの前に企画ありき

の話と

 双璧
(笑)

と言って過言でないほど
ウケない・響かない(苦)

新規集客よりも
リピーター・ファンづくり

の話ををさせていただきます。

―――――――――――――――
ババーン・ドドーンが理想!?
―――――――――――――――

そもそも、
なぜ、

新規集客はウケが良く(笑)
リピーター・ファンづくりは
スルーされがち

なのかと言えば

販促ツールはウケが良く
販促企画はスルーされがち

なのと
まーったく同じ構造で

売る側にとっては

万能販促ツールで
ババーンと情報発信して
ドドーンと儲かる

というのが理想的

だからですよね。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
チョット違う角度から
―――――――――――――――

ソレについては
前回・前々回のお話を

新規集客と
リピーター&ファンづくり

に置き換えて読んでいただければ
よろしいかな、と。

ただ、

リピーター&ファンづくり

の重要性に関しては
チョット違う角度から

そもそも

というコトを
書かせていただきたいと
思います。

―――――――――――――――
そもそもがこういうコト
―――――――――――――――

江戸時代に呉服屋などの商家では

火事になったら
顧客台帳を持って逃げろ

と言われていた

という話、
聴いたコトがある人も多いと
思いますが

そもそもが
こういうコトなんですね。

では、なぜ今(でも)、
多くの人が新規集客ばかりに
意識が向いているのかというと。

―――――――――――――――
買うヒトが増える時代のモデル
―――――――――――――――

今、僕たちがごくごく当たり前と
思っているビジネスの形って

戦後の復興期、
つまり

人口も生産も経済も
成長し続けていた時代に
作り上げられてきたモノ

ですよね。

ザックリ言えば

買うヒトが増え続けていた時代に
作られたモデル

というコトになります。

―――――――――――――――
と考えると、当然、矛盾!?
―――――――――――――――

というコトは
僕たちは今、

人口も生産も経済も
縮小している時代

つまり
買うヒトが減っている時代

に↑の時代の名残りを

当たり前とさえ思わないくらい
当たり前と思っている状態
です。

当然、矛盾してますよね。
当然、無理が生じますよね。
(汗)

―――――――――――――――
歴史から学べるヒントなのかも?
―――――――――――――――

つまり、
買うヒトが減っている、
というコトは

1度、出逢ったお客様と
末永くお付き合いしていただくコト
が理想ですし

そこに尽力すべきですよね。

ちなみに、

火事になったら
ソレだけでも持って逃げろ

と言われるほど
顧客台帳を重宝していた
江戸時代(の後期)って、
今から遡ると一番最近、

人口の増加が止まった時代

だそうですよ!

歴史から学べるコト、
ありそうですね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。