スタッフブログ

ヒットの理由と成熟社会

2020年11月09日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は

今、そしてコレからの世の中で
ヒットするであろう要素を
ふんだんに盛り込んでいる
商品(?)の事例として

現在、
クラウドファンディングに
挑戦中の

花火とワインをコラボさせた
プロジェクト

をシェアさせていただきました。

―――――――――――――――
今回からヒットの素を探ります!
―――――――――――――――

今回から、
同プロジェクトに秘められている

ヒットの素(もと)

を探ってみたいと思います。

くれぐれも

ウチは花火もワインも
関係ないから参考にならない

という狭くて浅い思い込みは
一旦、置いていただきつつ
まずはご一読ください!

―――――――――――――――
1つ目の「ヒットの素」
―――――――――――――――

最初に挙げさせていただくのは
クラウドファンディングな時点で
ソレなのですが

共感 & 応援を得られる

というコトですね。

このプロジェクトに関しては

若い二人、
ソレも伝統ある事業を受け継ぐ

未来の人財

が、

地元を元気にするために
取り組んでいるプロジェクト

です。

ソリャ、
共感もするし応援もしたく
なりますよね!

―――――――――――――――
一度、話を切り替えます
―――――――――――――――

ココで一度、
「ヒット」に話を切り替えます。

ヒットする

というコトは、言い換えれば

人の心を動かす

とも言えそうです。

で、

人が何に心を動かされるのか

というと、
常に変わらないモノもあれば
その時々で強まったり弱まったり
するモノ(=トレンド)も
ありますよね。

―――――――――――――――
ヒット商品番付では東の大関!
―――――――――――――――

近年のトレンドの1つが
いわゆる

応援消費

で、
今年の日経MJ上期の
ヒット商品番付では

東の大関

だった事実こそが
その注目度を表わしていますね。

―――――――――――――――
応援消費は単なる流行ではなくて
―――――――――――――――

もちろん、
応援消費は単なる流行
という意味でのトレンドではなく

そのベースには

日本の成熟した社会

だからこそ、
というコトがあるでしょう。

実はココが大きなポイントで。

―――――――――――――――
つまり、そうであるのなら
―――――――――――――――

ゴッソリ間を飛ばしますが

成熟した社会だからこそ
応援消費が成立する

という前提があるとして

だからこそ

共感 & 応援を得られるモノ

が人の心を動かして
ヒットに繋がっていく

のであれば、

今回シェアさせていただいている
花火とワインの事例が
既にクラウドファンディングの
目標額を大きく突破しているのも
辻褄が合いますし、

僕たちのビジネスも早急に

コチラに舵を切って行くべき

と言えるのではないでしょうか?

次回に続きます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。