スタッフブログ

今、あの事業者たちが新規集客よりも注力しているコト

2020年10月08日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
販促相談あるある
―――――――――――――――

日ごろ、
お問い合わせや
ご相談をいただく内容として

圧倒的に多いのが

新規の集客

です。

さらに端的に言えば

集客ツール

に関するコトです。

―――――――――――――――
大切だけど響かない話
―――――――――――――――

一方で

紛れもない大切な事実

なので
お伝えするのですが

決して過言ではなく

特に
スモールビジネスや
店舗経営者の方には

9割くらい響かない(泣)
のが

リピーター&ファンづくり

です。

なのですが。

近年、注目されている

あのビジネスモデルを
導入している事業者たちの間で

今、
何が行われているのかと言うと。

―――――――――――――――
新規集客よりも重視しているコト
―――――――――――――――

今やスッカリ
言葉としては聴き慣れた

そして
消費者としては多くの人が
1つや2つは
利用しているであろう

サブスクリプション。

ソレを提供している事業者が
取り組んでいるのが

AIを活用した解約防止策

だそうです。

―――――――――――――――
そこで行われているコトとは
―――――――――――――――

取り組んでいる内容としては

解約しようとしている人を
留まらせる

というコトなのですが、

やっているコトは

解約をする理由(=不満)を
聴き出す

という
非常に地味で地道なコトの
積み重ねだそうです。

―――――――――――――――
その結果、得られた重要な真実
―――――――――――――――

なのですが、

やってみると意外にも

解約しようとした理由が

お客様の誤認
だったり

そもそもあるサービスを
お客様が知らなかっただけ
だったり

というコトが
一定の割合であるそうです。

―――――――――――――――
ココが注目ポイントです
―――――――――――――――

注目したいのは

こういう

(お客様ご自身の)
・勘違いしていた
・知らなかった

というコトが
一定の割合で失客の原因に
なっている

という実態と

上記のような
ヒアリングの機会を持たない限り

理由も分からないまま
お客様を失ってしまう
(失い続けてしまう)

というコト。

そして、もう1つ。

―――――――――――――――
なぜ、新規集客よりも解約防止?
―――――――――――――――

なぜ、ソレらの事業者は

新規集客よりも解約防止に
力を入れるのか

ソレ以前に、
そもそも、

なぜ
サブスクリプションなのか

と同時に

なぜ、あなたは
サブスクリプションを
導入しないのか
(していたらスミマセン・汗)

というコトですね!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。