スタッフブログ

コッチから考えたって、やっぱりソレが命綱です

2020年09月18日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は

コレからの時代、

(益々)
商いの命綱になるであろう

1人1人のお客様と長く深く
お付き合いいただく

つまり
LTV(顧客生涯価値)の
最大化

の重要性について

人口減少・高齢化・非経済成長・
デジタル化で非接触

という4つの切り口を挙げ

その内の

人口減少・高齢化・非経済成長

について
書かせていただきました。

―――――――――――――――
良い変わるかは、一旦、置き
―――――――――――――――

というコトで
今回は

デジタル化で非接触

について、なのですが。

話の前提として

デジタル化が良いとか悪いとか
そういうコトではありません。

デジタル化は今後、
益々、急速に進んで行きますし

ソレに伴い
人と人との直接的な接触の機会は
今以上に減る

という現実を前提に
書かせていただきます。

―――――――――――――――
もう1つの前提
―――――――――――――――

で、
ついでに補足しますが

コミュニケーションで
最も情報量が豊富で
伝達力があるのは

リアル

つまり直接、同じ場所で
顔を合わせた対話です。

ソレはともかく、
その一方で現実的に
デジタルの急速な発達に伴い
益々、直接的な接触の機会は
減っていく

という話です。

―――――――――――――――
ココから本題です・汗
―――――――――――――――

で、前置きが長くなりましたが
話の本筋は

なぜ
デジタル化で非接触の時代に

LTVを最大化させるコトが
商いの命綱になるのか

というコトなのですが。

デジタル化が進めば進むほど
お客様は

自分がほしいモノは
スマホやパソコンから
自分で探してその場で購入

というコトが今以上に
当たり前になりますよね。

つまり。

―――――――――――――――
というコトは、益々!
―――――――――――――――

お客様が検索した画面に

あなたが現れない限り、

あなたがお客様と出逢えるコトも
なければ
選ばれるコトもない

というコトです。

ソレは全事業者にとって
同じコトで

デジタル化が進めば進むほど

というコトは
今以上にソレが厳しくなっていく

というコトになります。

―――――――――――――――
ソレが商いの命綱な理由、の1つ
―――――――――――――――

つまり、
前回、書かせていただいた通り

今、出逢っていないお客様が
あなたを見つけて選ぶ
というコトが一層、難しくなる

というコトが
この切り口からも考えられる

と言えるワケです。

なので!

一度、出逢えたお客様1人1人と
長く深くお付き合いいただく
コトが大切

というコトが1つ、
なのと。

―――――――――――――――
ソレは、お客様にとっても不幸?
―――――――――――――――

もう1つ。

自分がほしいモノを
自分で探す買い物って

一見、効率的で便利そうでは
あるのですが、

全ての買い物が
ソレだけで完結するとしたら

ソレは
お客様自身にとっても不幸

とも言えるかもしれません!?

次回、ソレについて。

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。