スタッフブログ

プレゼントを考える時と同じです

2020年09月14日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は

今、そしてコレからの
中小企業・小規模事業者の
ビジネスや商いの在り方
(笑う門編・笑)

として

●自社自店の独自性(世界観)が
 軸になってビジネスや商いが
 構成されている

●不特定多数の大量集客ではなく
 特定多数のリピーター&ファン
 の創出

であるべき

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
もう1つのポイント
―――――――――――――――

で、ソレに則っていれば

おそば屋さんが
お客さん向けに英会話教室を
やっても良い

というコトになるのですが
もう1つのポイントとして

ソレが
お客様にとってメリットになる

というコトも
補足させていただきました。

で、今回は
その「メリット」について
さらに補足させていただきます。

―――――――――――――――
あのシチュエーションと同じ
―――――――――――――――

誰か大切な人に
プレゼントを贈る時を
イメージしていただければと
思うのですが

その時って

自分らしさが出ているか
とか

ソレを贈って喜んでもらえるか
とか

その人に合っているか
とかって考えますよね?

まさにその感じです!

―――――――――――――――
「売らんかな」のモノ軸ではなく
―――――――――――――――

つまり

自分らしさ=独自性(世界観)
だし、

ソレを贈って喜んでもらえるか

その人に合っているか

って、

売れるモノならナンでも売ったれ
のモノ軸ではなく

自社自店のお客様ならではを
熟慮したヒト軸ですよね!

―――――――――――――――
大量集客の時代が終焉した今こそ
―――――――――――――――

この話、
チョット分かりにくいかも
しれませんが

コレまでのように
人口も経済も成長していた時代で

大量集客・売り上げ至上主義の
マーケットであれば

あるいは
あまり気にする必要もなかった
かもしれませんが

ソコが変わってしまった今、
見直す価値があるポイントだと
考えています。

次回に続きます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。