スタッフブログ

中小企業・小規模事業者のビジネス・商いの在り方(笑う門編・笑)

2020年09月11日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は

極めてマイノリティかも
しれませんが

(一部の)
手打ちそばが自慢の
おそば屋さんでは

そば打ち教室をやったり
そば道具やそば打ちの教材、
あるいはそば粉や出汁を
販売したり

メニューを
テイクアウトできるようにしたり

などなど
専門性・独自性を活かした
ビジネスモデルを創っている
一方で

多くのおそば屋さんは

ウチは注文されたメニューを
提供するのが商売

という理屈で
旧態依然の当たり前から
抜けられないでいる

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
そういう意味ではありません
―――――――――――――――

何を伝えたいのかと言うと

専門性を軸に多角化を
していきましょう

というコトでもなければ

売れるモノなら
何でも売っていきましょう!

というコトでもなく

さらに
ヤヤコシクさせてしまうかも
しれませんが

僕が伝えたいコトに則って
書くのであれば

おそば屋さんが英会話教室を
やっても良い

というコトにもなり得ます。

そのココロは。

―――――――――――――――
笑う門版・ビジネス・商いの前提
―――――――――――――――

その前に。

今、そして今後の

中小企業・小規模事業者の
ビジネスや商いの在り方
※笑う門・説(笑)

みたいなコトを
書かせていただくと

●自社自店の独自性(世界観)が
 軸になって
 ビジネスや商いが
 構成されている

●不特定多数の大量集客ではなく
 特定多数のリピーター&ファン
 の創出

を前提としています。

―――――――――――――――
コレがあるかないか、です
―――――――――――――――

この前提を踏まえると

どこのそば屋でも
英会話教室をやれば良い

というコトではなくなるし、
では、
どういうそば屋なら
英会話教室をやっても良いのか
と言えば

店主が語学に堪能だとか

本人が海外進出を目指して
英会話を特訓しているとか

あるいは
縁もゆかりもないけど
やたら海外かぶれしている(笑)
とか

そのお店の独自性や世界観と
英会話(教室)が
マッチしている

というコトですね。

ソレともう1つ、
決して見落としてはいけない
大切なポイントがあります。

―――――――――――――――
ソレはお客様にとっては!?
―――――――――――――――

ソレは
そのおそば屋さんのお客様に
とって

英会話を習うコトが
より一層、
そのおそば屋さんに通う価値に
なるコトなのか

あるいは
もう少しストレートに言えば

そのお客様たちにとって
メリットになるコトなのか

というコトですね。

―――――――――――――――
次回、少し軌道修正します・笑
―――――――――――――――

比喩がやや飛躍し過ぎ(?)て
分かりにくくなりつつある気が
するので
(汗)

次回、
もう少し角度を変えて
書かせていただきます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。