スタッフブログ

2006年・テレビ会議をするためには

2020年08月31日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

今や

人口減少・少子高齢化・
地球温暖化・AI・5G・
そしてコロナなどなど

社会構造そのものが
ひっくり返るほど

従来の常識が通じなくなるほどの
激変の時

なのだけれど
特に規模が小さいビジネスほど

ソレに対応しようとしていない

という印象が拭えない。

でもソレは、

変化に気付けるヒト
その変化にうまく乗れるヒト

には、
チャンスが多い時代

とも言える

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
こんなにチャンスいっぱいの時代
―――――――――――――――

で、
そんな時代に考えられるチャンス
をいくつか挙げるのならば

1.無料で使えるデジタル技術が
  盛りだくさん
2.旧態依然のビジネスモデルが
  求められなくなっているから
  変われるヒトだけ断然有利
3.一時の流行と
  新しいスタンダードの
  区別がつかない時代だから
  PDCAを回せる人が
  益々有利!

などなどである、
というコトを
書かせていただきました。

というコトで、
まずは

1.無料で使えるデジタル技術が
  盛りだくさん

から。

―――――――――――――――
テレビ会議システムのパンフ
―――――――――――――――

先日、事務所の整理をしていたら
13~14年くらい前のモノだと
思うのですが

テレビ会議システム

を紹介するパンフレットが
出てきました。

「テレビ会議」って、
まさにコロナ禍で一気に普及した
ZOOMなどで行うアレを
指してます。

―――――――――――――――
気になるお値段・・・
―――――――――――――――

ソレを実現するための
カメラとマイクが一体になった
外付けのハードウェアが
紹介されているのですが

パンフレットに掲載されている
商品を1つ挙げると

気になるお値段
999,600円(税込み)
※ISDN回線対応

・・・ウソみたいな話ですね。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
スマホもLineも無かった時代
―――――――――――――――

13~14年くらい前
(2006~2007年?)頃というと

(僕の記憶によれば)
ギリギリ、スマホもありませんし
ケータイにカメラはあったけど
動画なんて(ほぼほぼ?)
使えませんでしたよね。

LineもFacebookもtwitterも
Instagramもないし
(mixiはあったな・笑)

Faxなんて普通に使ってたし

アスクルが分厚いカタログを
送ってきていたような!?

テレビも
地デジに移りつつあった頃、
だったでしょうか?

ノートパソコンにも
カメラなんて
内蔵されてなかったような??

―――――――――――――――
つまり、14年前で止まってる?
―――――――――――――――

と考えると、

今、どんだけ便利な時代なんだ

って話ですね。

逆に言えば
今や無料で使えるソレらの
デジタルツールを活用しない
って

・・・14年前で止まってる

みたいなモンですよね。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
DXは好みではなくMUST?
―――――――――――――――

そんなワケで、

いわゆる「DX」
(デジタル・
トランスフォーメーション)

得意とか苦手とか
言ってる場合ではなく

MUST

ですね。

蛇足ながら、
そう考えるEメールって
時代を超えて活躍する
ケッコー、凄いヤツなのかも!?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。