スタッフブログ

植え付けられた常識が常識では無くなる!?

2020年08月26日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き、
今、無印良品さんが

地域の課題解決に繋がる店づくり

に取り組む理由を
(勝手に・笑)
掘り下げさせていただきました。

様々あるであろうその理由の
大きな1つは

社会構造そのモノが
ひっくり返っているから

であって、
その具体的な1つは

人口減少の時代である

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
コレ1つ取っても根深いワケで
―――――――――――――――

で、

人口減少の時代であることなんざ
誰もが百も承知

なのですが

ソレによる影響がどこに出るのか

というコトについては
僕たちが考えている以上に
根深く(?)

より一層、
注意深く考えなければいけない
と思っています。

どういうコトかというと。

―――――――――――――――
植え付けられた常識の根拠が
―――――――――――――――

そもそも
僕たちが植え付けられてきた
ビジネス観そのものが

人口も労働力も経済も
増加・成長していくコトが
前提になっている

というコトです。

なので

企業の成長の軸、
あるべき理想の姿は

雇用や規模の拡大

だし

集客・営業・販売などなど
形は様々であろうと

「売る相手」は
常に新規こそが「命」

だし

人口・労働力・経済が
増加・成長すると

結局、
ソレらは都心部の集中するので

東京ありき

だったワケですよね。

―――――――――――――――
常識が成り立たなくなる現実
―――――――――――――――

ソレらの良し悪しは
一旦、置いておくとして

従来の構造が変化する
というコトは

人口減少1つ取っても

↑で挙げたような

・企業の成長軸
・集客・営業・販売のスタイル
・東京ありきのビジネスの
あり方そのもの

などなどの常識が
覆される可能性が高いワケです。

―――――――――――――――
気付いた時には手遅れに!?
―――――――――――――――

こういうコトの
何が怖いのかと言うと・・・、

僕たちの中で常識過ぎるコトが
目に見えないまま
変化していくので

つまり

気が付かない
見落す
見逃す

というコトが
普通に起きていく(る?)ワケで

気付いた時には手遅れ

なんてコトが
次から次へと起こり得る

というコトですよね。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
解答になっていますか!?
―――――――――――――――

蛇足ながら↑の文章、

今、無印良品さんが

地域の課題解決に繋がる店づくり

に取り組む理由

について
僕なりの解答にもなっている
つもりですが・・・、

伝わりますか!?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。