スタッフブログ

コロナショックを『マズローの欲求の5段階』で考えてみた

2020年07月20日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も
只今、
連続で書かせていただいている

商いを成立させる3つの要件

について
書かせていただきました。

そもそも変化の激しい時代、
そして、そこに起きた
コロナショック。

という大前提を踏まえて
改めて

商いを成立させる3つの要件

のお話、

というコトで
まずは

売るモノ(=価値)

について
書かせていただきました。

―――――――――――――――
モノの価値は変わるモノ
―――――――――――――――

商いを
価値(モノ)と価値(カネ)の
(等価?)交換
と定義するならば

売れるモノ=価値のあるモノ

なワケですが

モノの価値
(=ヒトの価値観)が
その時々で変わってしまう

という事例として

コロナショックで大打撃を
受けている航空大手2社について
書かれた日経MJの記事
(7月15日(水))を
紹介しました。

―――――――――――――――
おなじみのアノ説で考えてみます
―――――――――――――――

今回は
このような価値(観)の変化に
ついて

おなじみの

マズローの欲求の5段階説

で考えてみたいと思います。

例えば↑の事例のように

従来は華やかさと快適さ

に価値を感じていた人たちが
新型コロナウィルス感染症が
拡大されていく中で

非接触・感染防止・衛生

を優先するようになった

というのは

マズローの欲求の5段階説的には
どういうコトなのでしょうか。

―――――――――――――――
満たされていたモノが欠乏すると
―――――――――――――――

(コロナ前のような状況を
「通常」と定義するとして)

今、ほとんどの日本人の欲求は
マズローの欲求の5段階説で
いうところの

第3~5段階の
「社会的」「承認」「自己実現」
(+自己超越)の域にあると
考えられます。

なのですが、
コロナショックのようなコトが
起こると

ソレまで満たされていた
(と感じていた)

安全欲求(第2段階)が
欠乏するので

優先的にソレが欲しくなる

と考えられますよね。

―――――――――――――――
その時、アノ欲求はなくなるのか
―――――――――――――――

だからと言って

コロナショックが起きたコトで
ソレまでにあった
(第3段階以上の)欲求が
無くなってしまったのかというと

全ッ然、そんなコトはなく
(笑)

ソレは自粛解除後の
テーマパークなどを筆頭に

いわゆる不要不急と言われている
商品・サービスの活況ぶりが
物語っているワケです。

―――――――――――――――
ソレならコロナも怖くない!?
―――――――――――――――

とは言え

ディズニーランドに行けるなら
新型コロナウィルス感染症に
罹患してもイイ!

という人は
(多分)いたとしても
極めて少数派・・・、
ですよね?
( ̄▽ ̄;)

こう書くと
スゴク当たり前のコトを
言っているようなのですが

ココにヒントが凝縮されている
ように思います。

というコトで
次回に続きます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。