スタッフブログ

なぜ今、3つの要件を見直すコトが大切なのか?

2020年07月10日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は

只今、
連続で書かせていただいている

商いを成立させる3つの要件

の内の1つ、

売る(買う)仕組み

について
書かせていただきました。

―――――――――――――――
価格でも品質でもないところで
―――――――――――――――

価値のある売るモノがあって

その価値を求める
買うヒト(になり得るヒト)が
いた
としても

その価値
(あるいはその存在自体)を
伝えていなかったり

利用しやすい決済方法が
用意されていないために

(いつの間にか)
機会ロスをしている場合が
あるのでは

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
改めて全体像をお伝えします
―――――――――――――――

というコトで

商いを成立させる3つの要件

の3つについて
(ザックリですが)
各々書かせていただいた
ところで

今回は今一度、改めて
全体像(?)について
書かせていただきたいと
思います。

―――――――――――――――
改めての解説です
―――――――――――――――

売るモノとは
価値のコトです。

買うヒトとは
「買う」という行動を
してくれる人です。

売る(買う)仕組みとは
「買う」という行動を
してもらうための仕掛け(など)
です。

価値とは
買うヒトにとって価値があるモノ
であって

「買う」という行動を
してもらうための仕掛け(など)

とは

売るモノと買うヒトを
円滑に繋げる機能

とも言えます。

―――――――――――――――
3つが連動しているコトが大切
―――――――――――――――

つまり、
3つの要件が各々別個にある
ワケではなく

3つが連動しているコトが大切

というコトになりますね。

逆に言えば

3つが連動していなければ

商いを成立させる要件が
整っていない

というコトになります。

―――――――――――――――
成立してないからこそ起きる現象
―――――――――――――――

すごく当たり前のコトを
書いているようですが
(笑)

例えば
本当はすごく価値あるモノを

ソレに価値を感じないヒトに
頼み込んで売り込んで
頭下げて値下げして
やっと買ってもらう

というコトが起きる原因は
ココにあるのでは
ないでしょうか?

―――――――――――――――
今こそ、深く見直す時です!
―――――――――――――――

なので

今こそ
ココを「深く見直す」コト

って、
実はかなり大切なのですが

なぜ「今こそ」なのかというと

まさしく

コロナショックで
世界が短期間に
ガラッと変わってしまったから

なんですね。

というコトで
次回に続きます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。